Skip to content

12月. 3, 2016

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材です。 芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、 イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表でくるんで作ります。 縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ば…

12月. 1, 2016

日本の屋根は傘と言われ、それに対して西欧の屋根は 帽子だそうです。 気候の違いによって 自然に屋根の形が形成されてきているようです。 日本は日差しが強く夏の暑さは激しいところです。 日本の中心は北緯35度前後。 西欧文化…

11月. 26, 2016

東北の農家では 『自分たちで食べるお米は米倉でわざと1年寝かせる」といいます。 初物が好きな日本人に「新米」という言葉は 新鮮で獲れたてだから美味しいというイメージがついて回ります。 「新米」と聞くと、「美味しい」って思…

11月. 20, 2016

福岡で「住教育インストラクター」講習 1名の受講でした。(最初の頃の「古民家鑑定士」みたいです) 日本の住宅は世界と比較してあまり長持ちしていません。 国土交通省は「長期優良住宅」を推奨して「住宅の長持ち」を推進しようと…

11月. 17, 2016

家造りに関るものとして常気になるのが廃材です。 全く出ないというのは不可能です。 多くは工業製品で作られた新建材というもので家造りがなされてます。 ということは当然廃材も工業製品ということになります。 地球環境から考える…

11月. 14, 2016

昔の加工技術では柱などの木材は貴重品であり家を建て替える際には 何度も使い回され、そこにはものを大事にする精神がありましたし、 開放的な間取りは近隣とのコミュニティを重視し ご近所付き合いが活発で地域で子どもの躾や教育も…

11月. 12, 2016

最近お店で、レトロな雰囲気を感じることがありませんか? 古民家風の つくりで、ちょっと小洒落た感じの店舗が増えています。 持続可能な社会を目指すサスティナブルの時代は、 インテリアのデザインにも影響を与え始めています。 …

11月. 11, 2016

一通のお手紙が届きました。 子供から手が離れこれからは自分たちのために暮らせたらと古民家暮らしを 夢見て本気で探してみようといわれます。 ご主人の実家が古民家で子供のころはここで過ごしたとも聞いてます。 どうやら単なる憧…

11月. 8, 2016

木造軸組工法(在来工法)とは コンクリートの基礎の上に土台を置き、 そこに柱と梁を組み合わせて建物を建築する工法です。 最近では取り付け金物を併用し、より強度を増しています。 ただ、水平方向の力に弱く、壁には筋かい、土台…

11月. 6, 2016

昔から古民家には「土壁」でした。 高温多湿の日本では、 夏涼しく湿度管理をしてくれる「土壁」は最適でその利用は当たり前でした。 土壁は再利用出来る「エコな素材」です。 古民家再生ブームであまり注目されない大切なことを知っ…