Skip to content

古民家への偏見

古民家で「ZEH」をとっています。

「省エネ基準が義務になったら古民家は無理だ」
という人がいます。
基準をクリアするためには窓を断熱型に、
そして天井、壁、床にそれぞれに断熱施工すれば問題ありません。
土壁で壁でも断熱できます。
古民家の特長である軒の出た縁側のある家は、
パッシブデザインとして素晴らしいものと言えます。
そこに省エネ基準レベルの断熱を施せば、
晴れた日は昼に20℃、朝まで15℃以下にならない温熱環境がつくれます。
古民家と断熱化はとてもよい相関関係をつくることができます。
最低温度が10℃というのは、
ヒートショックへの対応や結露防止など
健康を守る上での最低基準の温度です。
それを確保する省エネ基準もまた最低限と言えます。
消費者のみなさんはもっと室内温度というものに関心を持つべきです。
日本では家に温度計のない家庭がほとんどですが、
例えば部内の最低温度が15℃あれば、
冬布団から出るのが苦ではなくなります。
家づくりの際には、その家で何℃で生活がしたいのか、
そうした判断を本来持つべきです。
「断熱」=「省エネ」
2つの視点を混ぜて考えてしまうと家づくりには混乱が生じます。
省エネの費用対効果だけを考えてしまえば
断熱の意味合いが薄れてしまいます。
「健康に過ごす」という、むしろ住まいのあり方で
最重要の観点にフォーカスを当てれば
「断熱の重要性」が浮上してきます。
エネルギー消費で断熱を考えるのではなく、
温度で断熱を考えることが重要なのです。
今後、改正省エネ基準により、
それぞれに断熱や省エネを謳った家づくりが増えてきます。
断熱と省エネそれぞれの役割を捉え、
適切な判断をしていましょう。

古民家はあったかいですよ

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
材木屋2代目として、今年材木屋の資格「木のソムリエ」という資格を創設しました。
材木屋に資格はいらいない!そう言われるのは、業界だけでユーザーからすると材木の専門家としてアドバイスしてもらえる方をどんどん排出していかなければ、このまま日本の林業も衰退する一方です。また日本の住宅に使用される材木も粗悪なものになりかねません。
一般ユーザーへ本当のコトを伝えてまいります。
建築業の方から嫌がられるかもしれませんが・・・。