Skip to content

ブランド米

「ブランド米」の乱立です。
新潟県の「新之助」
福井県の「いちほまれ」
岩手県の「金色の風」
農林水産省に登録してある全国のコメは753種類ありますが
これまで多くの銘柄の価格帯は5キロ1700円程度でしたが
特に目立つのは、超高級の価格戦略の戦略の都道府県が多いことです。
高価格帯のコメを買うのは限られた層なはずですがなぜなんでしょうか?

「ブランド米」の小売価格は(5キロ価格)
北海道	ゆめぴりか	 2,700円
青森	青天の霹靂	 2,700円
岩手	金色の風	 3,500円
    銀河のしずく	 3,000円
山形	つや姫	         2,700円
新潟	新之助	         3,500円
魚沼    コシヒカリ	 3,600円
石川	ひゃくまん穀	 1,980円
福井	いちほまれ	 3,300円
ほとんどが東京での「県知事のトップセールス」です。
コメ農家が減り続け、減反廃止での生き残りへ懸命です。

「精米から2週間程度が鮮度の目安」の中
「ブランド米以外は売れにくい」状況もあり「PR合戦」になっています。
「ブランド米」以外は価格が下がってきているそうです。
価格格差がおおきくなっているのです。小売店にとって我慢大会です。

反面
パックご飯は販売が伸びています。
「サトウのごはん」は1988年発売以来初の値上げをしています。


 

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
材木屋2代目として、今年材木屋の資格「木のソムリエ」という資格を創設しました。
材木屋に資格はいらいない!そう言われるのは、業界だけでユーザーからすると材木の専門家としてアドバイスしてもらえる方をどんどん排出していかなければ、このまま日本の林業も衰退する一方です。また日本の住宅に使用される材木も粗悪なものになりかねません。
一般ユーザーへ本当のコトを伝えてまいります。
建築業の方から嫌がられるかもしれませんが・・・。