Skip to content

快適を優先する?

皆さんは「年収いくら欲しい」ですか?
地域や資産状況(家があるか?ないか?)によっても違いますが
結婚したら夫婦あわせて手取り年収は最低いくら欲しいですか?
の質問に関して
1位「500万円以上600万円未満」25.9%
2位「600万円以上700万円未満」16.7%
3位「400万円以上500万円未満」14.5%
4位「700万円以上800万円未満」12.7%
5位「1,000万円以上」11.8%
6位「800万円以上900万円未満」9.2%
7位「300万円以上400万円未満」6.1%
8位「900万円以上1,000万円未満」2.2%
9位「300万円未満」0.9%
です。
ノーベル経済学賞を受賞した「ダニエル・カーネマン教授」は
「世帯年収が75,000ドル(日本円にして約800万円)以下の人では
 収入が上がるに比例して「喜び」や「満足感」などの幸福度が増幅するのに対し
 この金額を超えると幸福度が増幅しない」
つまり、年収500万円が年収700万円になれば幸福度は増すが
年収800万円の人が年収1,000万円になったとしても幸福度は増えないんだそうです。
年収と幸せに相関関係はあるのでしょうか?
「幸福度を上げる、満足させる=生活費を上げ、生活レベルを上げる」
とは必ずしも言えません。
高層マンション・持ち家に住まなければ幸せな気持ちになれないのか?
毎年海外旅行に行かなくては幸せな気持ちにはなれないのか?
そんなことはありません。
自分自身がお金で得ることが出来る満足度を理解して
その満足度を満たしてくれる生活を探すことが大事です。
「住教育の講演」で私は
「快適な家がいいですか?幸せな家がいいですか?」
そんな問い掛けをさせて頂きます。
どうも家づくりに「快適だけ」を求め過ぎている気がするのです。
【お金持ち=幸せ】ではないのです。
【快適=幸せ】ではないのです。
何事も「ほどほど・適当」がいいのかもしれませんね。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
材木屋2代目として、今年材木屋の資格「木のソムリエ」という資格を創設しました。
材木屋に資格はいらいない!そう言われるのは、業界だけでユーザーからすると材木の専門家としてアドバイスしてもらえる方をどんどん排出していかなければ、このまま日本の林業も衰退する一方です。また日本の住宅に使用される材木も粗悪なものになりかねません。
一般ユーザーへ本当のコトを伝えてまいります。
建築業の方から嫌がられるかもしれませんが・・・。
Latest entries