Skip to content

木材の乾燥

木材の乾燥方法には大きく分けて
「天然乾燥」と「人工乾燥」の種類があります。
「天然乾燥」は
屋外で自然の状態で乾燥させたり、半加工品を屋内で徐々に乾燥させる方法で、
「人工乾燥」は
乾燥室内での機械、装置による強制乾燥です。

昨今の住宅は高気密・高断熱化されるケースが多いため
「天然乾燥材」では気密性が損なわれる場合が出てきています。
また
工期短縮や乾燥コスト削減等により「人工乾燥」が主流です。
「天然乾燥」の短所をあげると
・ 木材の損傷防止や仕上がり状態を制御できない。
・ 乾燥にとても時間がかかるため、途中でカビや腐朽菌に犯されたり、虫害にあったりすることで製品化において多くの無駄が出る。
・ 低質な丸太や欠点の多い丸太を使用した場合、その素材のもつ欠点がそのまま出てしまう。
・ 調湿に伴う寸法の増減が大きく、寸法安定性が低い。
長所をあげると
・ 知識不要で誰でも簡単に乾燥させることができる。
・ 乾燥には長期間を必要とするが、乾燥コストはかからない。
・ 色艶や香りを損なうことが少ない。
一方「人工乾燥」の長所をあげると
・ 天然乾燥において発生する損傷を抑えることができ、製品化において無駄が少ない。
・ 到達含水率を設定することができ、使用場所に適した製品を作ることができる。
・ 寸法安定性が高い。
・ 短時間で大量に乾燥材を作ることができる。
短所をあげると
・ 設備・燃料コストが掛かる
・ 色艶や香りが損なわれる。
・ 長期対応住宅にはその素材の劣化がみられ不向きである。
それぞれの長所・短所を考えて「企業理念にあった木材乾燥」を選択すべきです。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。