Skip to content

地域活性化

人口減少・高齢化で税収は減り、支出は増える・・・。
地方自治体も「経営センス」がないと倒産する時代です。
「民間的発想」が必要です。

都城市のふるさと納税は
15年度に42億円、16年度に73億円と2年連続で日本一。
(12年度はわずか300万円弱だったんです)
ふるさと納税の返礼品としてステーキの出荷が増えています。
一番人気のA5等級のサーロインステーキ
都城を知ってもらうためのPRツールとして「肉」に力を入れています。

都城市は「とじょうし」と間違われることが多かったそうです
(みやこのじょうですよ)
知ってもらうにはわかりやすい商品が何よりも大切とそれに力をいれたそうです。

しかし
市民からは「地場産品を平等に扱うべきだ」との不満の声が噴出
ラッキョウ、木刀、弓も扱うように業界団体から抗議されたそうですが
「都城市ふるさと納税振興協議会」を立ちあげ
「平等主義」を脱し「肉と焼酎に特化したふるさと納税」を決断しています。
(まあ「木刀」をPRしてもダメだったでしょうね(笑))
民間企業が商品開発、数字の目標を掲げ民間発想でPRして儲けています。

納税額73億円のうち来年度は子供支援に21億円。
31億円は「ミートツーリズム」という観光振興に使かうそうです。
住みやすい活性化した都城市になりそうですね。

「陸王」の舞台となった行田市
ドラマや映画の長期ロケを招致したことがなかった行田市は「初のロケ誘致」
道の封鎖・エキストラ動員など全市民を挙げて撮影をバックアップし
市の経済効果は1カ月あたり10億円を超えています。


観光客は市内のロケ地、観光地をめぐり
市内の「足袋とくらしの博物館」は、前年比5倍の観光客が訪れ
土日、人が歩いていなかった町に若者がバンバン歩き
ガラガラだった秩父線の車内も満員です。

劇中に土産物として登場した
「たび煎餅」と、埼玉銘菓「十万石まんじゅう」が大ヒット。
「陸王たび煎餅」は1週間待ち状態が続いています。

町おこしは「待ちの姿勢」では無理です。
これから「民間の強い力」が必要です。
そこには「周りの大反対が」付きものです。
誰かが「リスクをとって挑戦する」ことから何事もスタートしています。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。