Skip to content

民泊新法

住宅の「シュアサービス」
6月15日に「合法民泊」が解禁されます。
現在は6万件以上の物件が民泊サイトに登録され
瞬時に価格を比較できるサイトが普及して
民泊が存在感を高めた結果、ビジネスホテル等の宿泊料は
競争激化などで平均客室単価は約9%低下しました。

通常は稼働率が下がり値下げが進むのですが
都内も8割の稼働率を保ちながら平均単価が下がる異常事態です。

アパグループも
「宿泊施設が増え価格を下げざるを得なくなっている」と言います。
私の宿泊する東横インも価格は確実に下がっています。

民泊は営業日数に年180日の上限を設けられ一時的に物件数は減ります。
しかし
個人が主体の民泊分野にはこれから多くの企業が本格参入します。

「楽天トラベル」では秋に民泊施設の掲載を始めます。
簡単に価格などを比較できるようになります。
JTBも民泊事業に参入しました。
ファミリーマートはエアビーアンドビーと提携しカギの受け渡しを可能にします。
民泊の物件数は現在より6割強多い10万件以上になるとの予測とされます。
訪日外国人(インバウンド)約2800万人と5年で3.4倍に増えています。
政府は30年までに6千万人に増やす計画で宿泊・民泊施設は拡大成長します。

「価格で勝負できる時代」は終わり
「総合力で勝負の時代」だと思います。
「宿泊」で総合力は「施設でなく体験などの観光」と私は位置付けています。

時代はフォローの風が吹いています。
【古民家の利活用】おもしろい時代に入ってきました。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。