Skip to content

お金の尊さ

政府は成長戦略の一環として
「クレジットカード、電子マネーなどキャッシュレス決済の比率を高める」
としています。

キャッシュレス先進国のスウェーデンでは
「スウィッシュ(Swish)」が主流となっています。

スウィッシュは携帯電話番号と銀行IDという個人番号を利用して、
無料でお金をやりとりできます。
「現金お断り、支払いはカードかスウィッシュで」
スウェーデンではこのようなお店も多くあるのだそうです。
現金はもうしばらく使っていない。
普段は財布は持たずクレジットカードなどを入れるケースだけを持ち歩く・・・
そんな人も多いそうです。

Suica・PASMOなども同じ機能となり
確かに東京では交通機関はもちろん、コンビニ・スーパーなど
「あまり現金は必要ない」時代になりました。

昔は「給与は手渡し」で有り難みがありました。
今はほとんど振込です。
お金って「有り難み」があり「大事にする」もの・・。
少し考えさせられる「時代に流れ」でもあります。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。