Skip to content

借金

日本の財政赤字は1000兆円を超えています。

しかし日本政府の借金は円建てなので破産することはありません。
日銀に紙幣を印刷させて全ての借金を返済してしまえば良いからです。
(しかしハイパーインフレになってしまいます)
日本の家計金融資産は1800兆円ありますから
家計金融資産の6割を財産税として徴収すれば財政赤字問題は消えてしまいます。
(それでは暴動が起きます 笑)

現在の一人っ子と一人っ子が結婚して一人っ子を生んでいくと
数千年後には日本人は1人になります。
その人は家計金融資産の1800兆円をすべて相続し
1700兆円くらいを使い残して他界し相続税で
財政赤字問題は一気に解決します。
最近は
結婚しない人や結婚しても子供がいない夫婦が増えていますので
そうした人々が他界するまで数十年待てば、
莫大な相続税が入り、財政は改善していきます。

少子高齢化により労働力不足が深刻化し、
「好況時は猛烈な労働力不足(現状までそうでした)
不況時は軽い労働力不足(株同時安は不況への入り口かもしれません)」
という時代になります。
「増税をすると景気が悪化して失業者が増えてしまうため、増税が難しい」
と言われてきましたが失業者の気にすることない時代になりそうですから
失業を気にすることなく増税できるようになります。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。