Skip to content

参考にならない坪単価

新築を考えているお客様に最初に聞かれる一言。
『坪単価はいくらですか?』

ほとんどの方がまず坪単価のことを聞きます。
坪単価?それは目安にもなりません。
坪単価よりももっと大切なことがありますから。

坪単価を計算するときに、会社によって違うこと。
通常は延べ床面積から坪単価を計算しますが、
会社によっては施工床面積で計算するところもあります。

延べ床面積と施工床面積・・。
大きく変わってきますね。

延べ床面積にはベランダ、小屋裏収納、
地下室、玄関ポーチなどは含まれません

一方施工面積には上記に上げたものが含まれています。

ということは・・・?

坪単価は施工床面積で計算した方が安くなりますよね。

ただし、坪単価の求め方に定義はありませんので、
どちらが正解で、どちらが間違っているとは言えません。

「坪20万円から家ができる!」
「夢のマイホームが坪30万!」

なんてゆう広告、一度は見たことがあるでしょう。
しかしここはトリック。
あくまでも最低ラインの坪単価を表示しているだけですから
会社によっては別途費用が建物本体と同じくらい掛かる、なんてところもあります。

そしてもう一つは長さ単位の問題。
日本では一般的に尺モジュール(910mm)を使って計算しますが、
最近ではメーターモジュール(1000mm)を採用する会社も増えてきました。

同じ6畳間でも尺モジュールとメーターモジュールとでは変わってきます。
1.2倍大きさが変わってくるのでは坪単価も大きく変わりますね。

ということは・・・?

メーターモジュールで計算したほうが坪単価も安くなるのです。

坪単価・・
私が書いた記事でわかって頂けたでしょうか。
坪単価は“おおよその目安”にもなりません。

なぜならば、
・坪単価を安く見せる住宅会社
・全てを見た上で計算する住宅会社

があるから比較はできないのです。

坪単価がいくらなのか、それももちろん大切ですが、
坪単価を考えるよりも先に、

無理のない返済金額はいくらなのか?を考える方が大切だと私は思います。

・・・一つの参考としてお考え下さい。