Skip to content

空き家問題課題解決DIY

空き家問題の解消へ・・・・
住環境教育協会さんと連携協定
地方の眠る資源「空き家」
都会に眠る資源「空き室」
新しい時代ニーズ相応しい魅力あるまちづくり
地域に相応しい産業おこしをする具体的な構想づくりと
それを実践するための
人的ネットワークを構築することを
DIYを通しておこないたい。

私たちが『古民家再生』を通して行ってきたことを
DIYが出来る人を育成して実現しようとしている金堀さん。
DIYリフォームアドバイザーを育成して
様々なカリキュラムを通して
共に空き家課題解決を目指すお手伝いをすることになりました。

私たちがDIYマイスターとして関係人口の創出とDIY型リノベを行い
全国各地で「住育学校」と連携して「DIY木の学校」を開催します。

「空き家問題解決」の大きな手法としてDIYはあります。
それは「日本人の不得意」とすることなんだと感じています。
その普及は「未来の子ども達の為に持続可能な循環型建築社会』
を創ることに繋がります。

私たちの「空き家問題解決」への取り組みは
この連携協定で新しいステージに入ります。
「地域に根付いた拡大」を図り「空き家問題を多くの皆さんと共に解決」していきます。

令和2年2月・・・その活動がスタートします。

 

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。