Skip to content

“繰り上げ返済”の落とし穴

住宅ローンで借りた金額をを減らすことで、
大きな利息軽減効果が見込まれる繰り上げ返済。
「オトク」「お得」とメリットばかりが紹介され、
「頑張って繰り上げ返済しなければ!!」と思い込んでいる人も多いかもしれません。

 

しかし、繰り上げ返済を盲信していると、
かえって損をすることにもなりかねないってご存知ですか?
陥りがちな繰り上げ返済の落とし穴を今回はご紹介します。

 

落とし穴その1=予備費

病気やけがで働けなくなったり・・会社が倒産したり・・。
人生、何が起こるか分かりません。
そんなときのために、
手元には月収の3カ月~半年分の予備費は残しておく必要があるといわれています。
もし、手元に予備費がないと、万が一収入が途絶えてしまった場合、
金利の高いフリーローンなどを借りることにもなりかねません。
そうなっては本末転倒。繰り上げ返済は、余裕資金で行うことが鉄則!です。

 

落とし穴その2=目的別貯蓄

教育費や車の買い替えなど、
住宅ローン以外にも、大きな出費が必要になることはあります。
予備費以外に貯金ができたからといって、
何も考えずに繰り上げ返済して
『失敗した』なんて方もいらっしゃいます。
住宅ローンはいまや空前の低金利時代。
教育ローンやカーローンの金利は、住宅ローンより高いのが普通です。
近い将来、住宅以外に大きな出費が見込まれる場合は、
「繰り上げ返済しない」ことも賢い選択と言えます。
繰り上げ返済は、将来のお金の出入りを予測し、計画的に行いましょう。

 

落とし穴その3=固定金利選択型

固定金利選択型ローンを利用している人は、
「固定期間が明ける前に」と、駆け込みで繰り上げ返済をされるかたも多いようです。
しかし、固定期間が明けて金利が上がれば、当然ながら月々の支払額はアップします。
この時、繰り上げ返済で期間短縮されていると、
支払期間が短い分、支払額はさらにアップすることに。
一方、金利変更後の繰り上げ返済なら、金利の状況に応じた対応も可能。
あせらず、状況を見極めることも大切です。

 

落とし穴その4=住宅ローン控除

年末の住宅ローン残高に応じて、
所得税の税額控除が受けられる「住宅ローン控除」。
控除の対象となる住宅ローンの要件として、「償還期間10年以上」とあるのをご存知ですか?
期間短縮型で繰り上げ返済を頑張りすぎて、
払い済み期間と残返済期間の合計が10年を下回ると、
住宅ローン控除が受けられなくなってしまうのです。

それでも、繰り上げ返済をしたほうがオトクとなるケースのほうが多いのですが、
繰り上げ返済のタイミングなどによっては、思うような効果が出ず、
損をすることになる場合もあるので、注意しておきたいですね。

繰り上げ返済には、このように思わぬリスクも伴います。
しかし、繰り上げ返済の効果が魅力的であることは確か。

繰り上げ返済については、
ローンを組んでいる金融機関でも相談に乗ってくれることが多いので、
「何が何でも」という思い込みは捨てて、
長い目で見た返済計画を立てるように致しましょう。