Skip to content

「住宅ローン減税」について考えよう

皆様御存知の通り、2014年4月には8%、15年10月には10%に消費税が上がります。

全ての納税者が増税の負担を強いられるわけですが、
大きな買い物となるマイホームの購入検討者にとっては大きな痛手となることでしょう。

そこで、駆け込み需要による反動減が懸念されるなか、少しでも需要の減少を食い止めようと、
7月に入り政府が「住宅ローン減税」の延長・拡充に向けた本格議論を始めました。

 

そもそも、“住宅ローン減税”とは何かご存知でしょうか。
“住宅ローン減税”とは

住宅ローンを組んでマイホームを取得した人に対して、
年末のローン残高に一定の控除率を乗じた額が一定期間、還付される減税制度です。
現行では、住宅ローン減税は2013年で終了することになっており、
このままでは14年以降、住宅消費を冷やしかねない心配があります。

ではいよいよ『どれだけ減税されるか』についてです。
減税の金額は年度によって異なります。
例えば1999年1月~2001年6月末までに入居した場合についてです。

 

上記の表はこれまでにもっとも控除された年のものになります。
では肝心の・・「今」はというと

 

※2014年以降はまだ決まっていない

 

上記は2009年から13年の間に「住み始める」ことが条件となっていますので、

13年に住み始めた人は、2023年までの10年間が控除の対象となっております。

 

居住開始が早いほど、可能な住宅ローン減税額(控除額)が多くなることで、

より早い経済波及効果が期待されているわけですが、

では居住開始が遅れると何が減っていくかと言うと
住宅ローン残高の利用可能上限が減っていくわけですね。

 

住宅ローンで5,000万円を借りた場合、
2010年に入居した場合、毎年50万円減税されますが、

2013年に入居した場合は上限が2,000万円ですので、
その1%の20万円までしか減税されません。

 

逆に言うと、そもそも2,000万円しか借りる予定のない人は
2013年まで全然焦る必要はない
、ということになります。

平均的な借入金額がいくらか知りませんが、

2003年の調査では約3,000万円ということになっています。

控除を受けるのにその他要件はありますので、
家を建てる予定の工務店さんなどに聞いてみて下さい。
お客様の一生を預かる会社です。知っていなければなりませんよね。

 

消費税が上がる2014年には控除があるのか・・
どのくらい控除されるのか・・

これからの動きが楽しみです。

Author Profile

鈴木 健規
鈴木 健規
栃木県那須塩原市に建築・不動産の事務所を構え、
地域密着の企業として毎日奮闘しております。

座右の銘:資財循環させるコトが、未来の子供たちにコトを伝える

『建てては壊す』というフロー社会の今、日本の人口は減っているが建物は増えているという現状があります。私達は未来の子供たちに残す建物を遺す為、産業廃棄物とならない建物を創りそれを遺すことが~資財循環させるコトが、未来の子供たちにコトを伝える~ということに繋がっていると考えています。ただ単に作ったものを残すだけでは廃屋化が進む日本が目に見えています。世代を通じて住める家創りすることがフロー社会からストック社会に、資産となる住宅を私達から次の世代、さらに次の世代へと受け繋げることが、私達の役目だと考えています。

現在はこれまでの経験を活かし、店舗リフォームなどをさせて頂いたお客様などにアフターサービス業としてHP作成や葉書・パンフレット・チラシ作製、名刺作成なども行っています。作って終わりではなく、店舗作成後もお手伝いさせて頂く事によって、より多くの方に知って頂ける為に営業や経営のサポートをすることも、私達の大切なサポートの一つであり、お客様に喜んで頂ける為のお手伝いであると考えております。
また、建築業や中小企業へ講師としてお話させて頂くことも業としています。

≪日々、掲載中≫
鈴木健規オフシャルサイト
suzukitakenori.com