建物の寿命とメンテナンスについて

建物の寿命とメンテナンスについて

悲しいことに日本の「家の寿命」は、木造の場合は30年程度と言われています。
この寿命だと、たくさんの想いを込めて建てたのに、
ローンだけ残って形が残らないってことですね。

しかし、点検やメンテナンスをしっかりとしてあげると家の寿命は延びるのです。

巷で言う「長期優良住宅」を建てたからって、何もせずほったらかしじゃすぐ痛みますよ。

家とは少し違いますが、京都・清水寺を代表とするような寺院建築は、何年残っていますか?
また、優良住宅など取っていない古民家も、100年以上残っているなんてザラです。
これは、建物(家)に定期的にメンテナンスをした証拠です。

建物の寿命は「設計力」「施工力」「材料の良し悪し」「メンテナンス」で決まります。
日本の設計レベルは高く、施工力も昔の匠の技術は落ちてはいるものの、
コンピューターなどにより、施工精度は上がっている。
木造でも100年は持つはずなのです。

あとは、「材料の良し悪し」と「メンテナンス」。
「材料」の良し悪しはまた改めて書くことにしますが、
「メンテナンス」は住む人たちが、家とどう向き合うかによって変わります。

では、メンテナンスって?
「家」も人間と同じで「定期検診」が必要ってことです。
病気だって悪くなってからでは、治すために多額の費用がかかるのは当たり前!
予防対策が必要なんです。

よく、言われる「ノーメンテナンス」なんて言葉を鵜呑みにしないように、
材料をしっかり見極めて、部位にあった定期的メンテナンスを心がけましょう!

ちなみに、世の中に出回っている新建材というものは、メーカーではよく使いますが、
施工がしやすくなった分、痛みやすく、やはりメンテナンスは必要です。

客観的に色々な視点で建物を見て、
本当に良いものを、ちゃんと見極める力を養っていきましょう

メンテナンスカテゴリの最新記事