Skip to content

日本の美は個性的ではないのでは。。。

街を歩いていると、色々な住宅が目に入ってきます。

すごく個性的な住宅や、なんか見た目普通なんだけど素敵な住宅。

この違いは、何なのでしょうか?

 

最近の住宅地(団地)では、建築協定や地区計画などの協定が作られています。

協定とは、外壁の色や壁面後退(家までの距離)、緑化の量などの住宅街をつくる上でのルールを定めたものです。

こういった団地は、土地の資産価値を上げる為にこのような、決まり事を作っています。

昔の日本は、街の中にも同じようにルールがあったと思います。

皆が個性を出さずルールを守ることが美だったと思います。

古民家が良く感じるのは古き良き伝統を持っている事と、日本に根ずいた建物だからだと感じます。

外壁は白や木目がほとんどでした。

その中にサイディングやペンキと言った色とりどりの化学物質が街を作っていったのです。

 

様々な考え方があるとは思いますが、商店建築や公共建築物は別ですが

本来の住宅というものは周りに溶け込む事が本当のオシャレな住宅だと考えます。

「溶け込む」と言うとなんか普通の家で、目立たない感じがしますが周りの空間さえも取り込むものが本当のオシャレな住宅と考えます。

具体的には、近隣の樹木を取り込む(借景の利用)光や風が街並みを包むように配慮する・・・など

海外は、こういった周りの住宅に溶け込む事でオシャレな住宅街を作っていると思います。

 

設計していると「責任」を感じます。ひとつの街の中に、形として住宅は残ります。

しかし、施主様にも同じことが言えます。室内をどんな色や形状にするのは構いませんが、やはり外部は景観を壊さないのが

モラルだと思います。

それは街並みを壊さず、良い空間を次世代につなげていく。

皆が少し意識をかえるだけで素晴らしい建物が増えていくと思います。