Skip to content

換気の大切さ

昨今の家には、計画換気用の換気扇が必要なのはご存知でしょうか?

 

理由は、「悪いものが家の中にたくさん溜まるから」

これこそが「シックハウス」です。

 

新建材という自然に優しくない建材の開発により、身体に悪い化学物質を含んだ建材やボンドを多様した結果

このようなダメージを受けたのです。

「シックハウス症候群」はひどくなると、外出が困難にもなります。

気付かないうちに蓄積された化学物質が、突然このような症状を作ったのです。

 

これは「まずい」ということで、強制的に機械で換気する換気扇が必要になったのです。

法律では「1時間に0.5回換気するように決まっています」

つまり2時間かけて家の中を換気するのです。

 

これって意味ありそうですか?

花粉の時期などは窓を開けられない方もいらっしゃると思いますが、窓開けて換気するのが早そうですよね。

 

節電と言われる世の中、意味のない換気システムに電気を使う家はどうなのでしょうか。

法律で決まっている以上設置は必要です。

 

しかし、根本のシックハウスになりにくい材料を使うことは、ユーザーの方にも選ぶ事はできると思います。

本物の木を使い、本当の材料を使うことで「安心」を手に入れる事が出来るのだと思います。