Skip to content

蓄熱暖房機のメリット・デメリット

“スマートハウス”という言葉を聞く機会が多くなりました。
スマートハウスと言っているものに多くあるものが蓄熱暖房機。

蓄熱暖房機とは一体なんなのか?
蓄熱暖房機のメリット・デメリットは?

これから検討されている方、これを読んでから決めてみては?

************************************

まず“蓄熱暖房機”とはその感じの通り「熱を蓄える」暖房機のこと。

仕組みとしてはこの機械の中にレンガが入っていて、そのレンガ材を暖め、
レンガ材を暖めた熱を徐々に放熱することで暖房する仕組みです。

それのどこがスマートハウスなのか?というポイント。

この蓄熱暖房機は【深夜電気】を使います。
夜間に割安となる深夜電力でレンガを暖め、
その熱を朝から一日掛けて放熱し、部屋を暖める全館タイプの暖房機です。

************************************
では蓄熱暖房機のメリットは?

~安全・安心なこと~
蓄熱暖房機は火を使いません。また操作も簡単なので、お子様やご高齢の方にも使いやすい暖房機です。

~クリーンなこと~
燃焼しないため、部屋の空気が汚れません。
また温風式の暖房機と比べて、ホコリ・チリ・ハウスダストが舞い上がりにくくなっています。

~快適性~
燃料補給の必要はありません。シーズンが始まるときにスイッチを入れるだけ。
日々の操作は必要はありません。

~経済的~
レンガの寿命が長いことやメンテナンスの負担が少ないことは特徴です。
また深夜電力を利用するので、電気代も押さえられます。

一方デメリットは・・?

~施工性~
レンガの重量が重いため、小さな蓄熱暖房機でも100kg以上となります。
絶えられるような床下の耐久性が必要に。
構造によっては床下の補強などを行わなければなりません。

~温度制御~
床置き自然放熱タイプは、細かな制御がしにくいのがマイナス点。
気温によっては昼間暑くなってしまうこともあるのが弱点です。

~設置スペース~
床置き式の場合は、室内機のスペースが必要なため、
計画段階でレイアウトをきちんと決める必要があります。
一度置いてしまうと簡単には移動できない上、冬しか使わないものです。

************************************

蓄熱暖房は、蓄えられた熱を自然放熱し、
輻射や自然循環または温風などで室内を暖めます。
全館暖房を計画するのであれば、室内機の設置場所+容量に加え、
暖められた空気が、できるだけ家全体に流れるよう、空気の循環を考えておくことが大切です。

そして、暖房効果をより高めるためには、高気密・高断熱住宅であることが何より有効です。

全館暖房の状態にすることは、上下階の温度差が少なく快適なのはもちろん、
ヒートショックなどの身体的負担が減るのも大きなメリットです。

この蓄熱暖房は、在宅時間の長いご家庭にはメリットが高く、
特に寒いエリアでは、経済的に全館24時間暖房が実現できるのが大きなメリットでしょう。

蓄熱暖房機にてお分かりいただけたでしょうか?
これからの住まいをお考えの皆様は
自分の生活に合った、快適な生活を考えてみましょう。

Author Profile

鈴木 健規
鈴木 健規
栃木県那須塩原市に建築・不動産の事務所を構え、
地域密着の企業として毎日奮闘しております。

座右の銘:資財循環させるコトが、未来の子供たちにコトを伝える

『建てては壊す』というフロー社会の今、日本の人口は減っているが建物は増えているという現状があります。私達は未来の子供たちに残す建物を遺す為、産業廃棄物とならない建物を創りそれを遺すことが~資財循環させるコトが、未来の子供たちにコトを伝える~ということに繋がっていると考えています。ただ単に作ったものを残すだけでは廃屋化が進む日本が目に見えています。世代を通じて住める家創りすることがフロー社会からストック社会に、資産となる住宅を私達から次の世代、さらに次の世代へと受け繋げることが、私達の役目だと考えています。

現在はこれまでの経験を活かし、店舗リフォームなどをさせて頂いたお客様などにアフターサービス業としてHP作成や葉書・パンフレット・チラシ作製、名刺作成なども行っています。作って終わりではなく、店舗作成後もお手伝いさせて頂く事によって、より多くの方に知って頂ける為に営業や経営のサポートをすることも、私達の大切なサポートの一つであり、お客様に喜んで頂ける為のお手伝いであると考えております。
また、建築業や中小企業へ講師としてお話させて頂くことも業としています。

≪日々、掲載中≫
鈴木健規オフシャルサイト
suzukitakenori.com