Skip to content

沖縄の古民家

沖縄の古民家竪穴式住居がグスク時代に穴屋(アナヤ)と呼ばれる中柱を建物の中心に立て先端から又木にして棟木を支え茅葺き屋根の構造でチニブと呼ばれる竹や茅で編んだもので壁を囲ったものでした。琉球王国時代に入り身分により家屋の大きさが定められ、農家は12坪の母屋と6坪の台所と定められ瓦葺きなどは許されていませんでした。制限令が解除され貫木屋(ヌチジヤー)と呼ばれる形式の住居が普及されてきました。これは礎石の上に四角い柱を立て、貫穴をあけて貫を通した構造で、和小屋に茅か瓦葺き、壁は堅羽目板のいわゆる石場建て様式と同じ構造です。

戦後は台風などに強いコンクリート住宅が一般的であり、沖縄では木造住宅を建てる方が建築費は高いとされ木造住宅が少なくなっています。

 

沖縄の現存している古民家を見ると、貫木屋構造で屋根は寄せ棟になっています。屋根には赤瓦と呼ばれる素焼きの瓦が使われ、台風の強風でも瓦が飛ばないように瓦同士は漆喰で塗固められ、沖縄の特徴的な屋根になっています。皆さんがお土産で買って帰るシーサーは獅子の沖縄方言で神社にある狛犬などと同じく古代オリエントのライオンか犬が紀元とされる伝説の獣の像で建物の門や屋根の上などに悪霊を祓う魔除けとして造られます。屋根の上にこのシーサーが置かれるようになったのは明治以降貫木屋の普及で瓦屋根が一般に許されるようになってからである。

 

基本的に南向きに建てられおり、東から一番座として床の間が、二番座には仏壇が配置されるのが普通で、裏座と呼ばれる北側には地炉(ジール)が設けられます。台所は西側に作り、カマドが設けられています。別棟はアジャキと呼ばれ、フールと呼ばれる豚小屋とトイレも別棟で設けられます。敷地は石垣で囲われています。住宅に使う木材はチャーギと呼ばれるイヌマキがよく使われ、チャーギは耐久性が高く強度がある優れた建築材料ですが、成長が遅く大径材がとりにくいという難点もあります。また木材を長持ちさせる為にスーカンと呼ばれる海岸で半年から1年ぐらい砂浜に木材を埋めて潮干をする方法なども用いられました。スーカンをおこなう事で材が堅くなり防虫の効果があるようです。

 

現在沖縄で木造が建てられる場合には杉が使われる事が多く、これらの木材は九州から主に運ばれています。

 

 

参考 沖縄古民家.com(http://www.pref.okinawa.jp/kominka/index.html)

Author Profile

川上 幸生
川上 幸生
川上 幸生(かわかみ ゆきお)
1967年1月15日 大阪出身

二級建築士
愛媛県木造住宅耐震技術者
インテリアコーディネーター
照明コンサルタント
住宅断熱施工技術者
下水道責任技術者
古材鑑定士
古民家鑑定士
伝統資財施工士
住宅建築コーディネーター

大阪でお菓子会社にて商品開発やパッケージデザイン、
デパートのショーウィンドウや店舗の設計施工を経て
現在は愛媛に移住して今までの経験を活かし人に優し
い本物の家づくりを目指し「お客様に感動をあたえる
家づくり」を心情に住宅の設計やデザインをメインに
活動中。

主な活動
厚生労働認可財団法人職業技能振興会認定資格 
古民家鑑定士伝統資財施工技術士 教本執筆並びに講師

一般社団法人住まい教育推進協会 会長
株式会社アステティックスジャパン 事業統括本部長
愛媛インテリアコーディネーター協会 会長
四国中古住宅流通活性化協議会 理事
全国古民家再生協会連絡会議 事務局長
ケイズデザイン二級建築士事務所 代表