Skip to content

「木」の善し悪しを見分ける方法(柱)

木造住宅を建てる時には「いい木」を使いたいですよね。
《素材に拘る》 大事なコトです。

ここでは「柱材」の話・・・・(あと土台・梁はまた別に書きます)

檜だろうが杉だろうが・・・・そこにはあまり差が無いです。
「好き嫌い」の問題だと考えていいと思います。

大事なコトは2つ

1、年輪が細かいか

2、自然乾燥であるか

です。

また、中央のピンク色のところが「赤身」と言って
腐食やシロアリに強い部分です。
しかし見た目は「赤身だけ」はあまりよくないです。

赤身とその周辺(白身) が混ざっている木材を《源平》(げんぺい)と言います。

私はそのバランスのいい木材を選ぶことがいいと思います。

追伸
先日「輸入の 樅(もみ)」で家を建てるのですが大丈夫ですか?
とのご相談が有りましたが・・・いいとは思えません
それは日本の住文化の歴史が物語っています。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。