Skip to content

木の力を見抜きましょう

木とコンクリート・・・鉄でもいいです。
その強さを比較すると「木が弱い」に決まってます。

しかし・・・何かおかしいですね。

木はコンクリートやてと比較して明らかに長持ちしますよ・・・・

その「強さ」て何?

一般的に建築で言う強さとは【ヤング係数】であり
ひっぱり強度や曲げ強度のことであり、「作り手」はそれをデーターとして消費者に納得してもらいます。

しかし「住まい手」が求めているのは、そんな強さではなく、
【長持ちする強さ】ではないかと思います。

私は「住まい手に正しい情報が手に入り、住まい手が自己責任で選択する」ことが重要だと思います

そういう意味で「住育」を多くの方に学んで頂きたい・・・と思います。

 

 

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。