Skip to content

ハンドメイドの家具

多くの家具や建具は「既製品」
デザインや価格で選択され
(例えば家のドアなどは色やデザインで決められていきます)
長持ちするものはほとんどないと思います。

「古民家」の建具や家具は昔「指物師」が造り、メンテナンスをして長持ちして
今も再活用する建具が多くあります。

IMG_0642

 

これからの「新築」にも「再築」にも「価値あるハンドメード」を入れてたい・・・
今までの時代には「非常識」でしたが「時代に挑戦したい」と考えました。

それをしようとすると「高くつきますよ」と多くの業界の方は言います。
多くの場合「高くつく」と言うのは「めんどくさい」コトを言います。

「めんどくさい」ことに挑戦して「価値ある商品を住まい手に提供する」
それが「価格が高くなって」は何もなりません。
それは「判り難くても」広がりません。

IMG_1818

 わくわくする」JINENプロジェクト 詳しくは → こちら

欧米の「ハンドメードを長持ちさせて大切に使う」
家も家具も建具も出来る筈・・・幸せな家を求めるなら、それは必要不可欠です。

 

 

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。