Skip to content

住宅会社はウソだらけ!

皆様明けましておめでとうございます。
2013年初の記事になります。
今年も他では聞けない素直なハナシをお伝えしていきます。
聞いて損はないお話になるように致します。
よろしくお願いいたします。

今年最初はタイトル通り、“住宅会社はウソだらけ”。

一体何がウソ?一体何がホント?
・・・教えます。

 

住宅会社のチラシで坪29.8万円!この建物で1000万円です!というチラシ。
そのチラシを見たら「この金額で建てられる!」と思いますよね。

しかし見積もりを取るとなぜか1800万円。

『えっ?なんで?』

 

多くの場合、家が完成すると価格は1.5倍から2倍にまで膨れ上がります。
商談中は坪29,8万と言いながら、
あれもこれもオプションですと、営業マンに言われます。
信じられないです。
住宅業界の私でも信じられません。

新車を買う時に
「ハンドルはオプションです。」「エンジンはオプションです。」
・・・と言われているのと同じです。
ひどい住宅会社は、基礎もオプションです。

『えっ?基礎がない!?』

車だったら買ってもタイヤとホイルは別です。
だったら買っても走らないでしょう!
嘘ばっかりの住宅会社。

ハンドルを純正から木製にグレードアップするなら分かりますよ。
最初から付けないで安く見せるのは詐欺と変わらないじゃないですか。
しかし、それが、住宅業界の常識です。

 

私たちは、それが常識なら、非常識でもいい、
安くみせてお客様を騙すやり方は絶対にしません!

だから、住宅業界は、標準で付いている会社、
オプションの住宅会社バラバラです。

住宅の価格の提示方法が各社自由なのです。
坪単価に騙されないで下さい!

引渡し価格でいくらなのか、そこが重要です。
そして、坪単価より引渡し価格より大事なことがあります。

借りられる金額ではなく、ゆとりある返済が出来る金額なのかが重要です。

 

しかし、家づくりを考えるときに、ゆとりある返済金額は、
アパートの家賃くらいと考えるお客様がいます。
これは、とんでもない間違いです!

そんな家を建てたら家を建てたあと外食も行けない。
旅行も行けない。それなのに、夜中まで働くようになります。
『えっ?なんで?』と思いますよね。

アパートに住んでいるとき、固定資産税払っていますか?
住宅取得税払いますか?
・・・払いません。

賃貸はその分家賃に含まれています。
アパートと同じ金額は正しい資金計画ではありません。

『大丈夫です!その分も考えて貯金しています!
アパートより安い返済ですから!』
・・・本当に大丈夫でしょうか。

 

アパートと同じ光熱費だと思いますか?
いくら位変わるか知っていますか?
住宅ローンはアパートとより安いのに貯金がどんどんなくなる・・。

家づくりは、住宅ローン+光熱費を考えなければ大変な事になります。
建ててから後悔しても建て替える事は出来ません!
もし、アパートより月々2万高い住宅ローンでも、
住宅ローン+光熱費を足して安かったから、どうでしょうか?

月々3万円以上貯金ができたら外食も出来ますし家族で旅行も行けます。
私たちは、住宅会社ですが、
お客様が本当に幸せになれるお手伝いさせて頂いています。

 

家族によって提案が違います。
きちんとした会社、本当のことを教えてくれる会社で相談してください。
安心できるまで、納得できるまで聞いてください。
騙されてはいけません。本当のことを教えてもらってください。
そして、失敗した家を建てないで下さい。

 

あなたは、誰のために家を建てるのですか?

 

住宅会社のためですか?家族のためですか?

Author Profile

鈴木 健規
鈴木 健規
栃木県那須塩原市に建築・不動産の事務所を構え、
地域密着の企業として毎日奮闘しております。

座右の銘:資財循環させるコトが、未来の子供たちにコトを伝える

『建てては壊す』というフロー社会の今、日本の人口は減っているが建物は増えているという現状があります。私達は未来の子供たちに残す建物を遺す為、産業廃棄物とならない建物を創りそれを遺すことが~資財循環させるコトが、未来の子供たちにコトを伝える~ということに繋がっていると考えています。ただ単に作ったものを残すだけでは廃屋化が進む日本が目に見えています。世代を通じて住める家創りすることがフロー社会からストック社会に、資産となる住宅を私達から次の世代、さらに次の世代へと受け繋げることが、私達の役目だと考えています。

現在はこれまでの経験を活かし、店舗リフォームなどをさせて頂いたお客様などにアフターサービス業としてHP作成や葉書・パンフレット・チラシ作製、名刺作成なども行っています。作って終わりではなく、店舗作成後もお手伝いさせて頂く事によって、より多くの方に知って頂ける為に営業や経営のサポートをすることも、私達の大切なサポートの一つであり、お客様に喜んで頂ける為のお手伝いであると考えております。
また、建築業や中小企業へ講師としてお話させて頂くことも業としています。

≪日々、掲載中≫
鈴木健規オフシャルサイト
suzukitakenori.com