Skip to content

登記記録はインターネットで簡単取得

新年が明けて、十日恵比寿も過ぎて、今日は1月11日です。
1月11日と聞くと、延享2年のその日付をイメージしてしまうのは職業柄?(笑)
尊敬する偉人の1人、伊能忠敬の誕生日です(西暦では2月11日なんですけどね)。
伊能忠敬は江戸時代に17年かけて、地図(大日本沿海輿地全図)をほぼ作り上げた人。
それだけでも驚きですが、その測量事業を始めたのが56歳という年齢。
当時の平均寿命を考えれば、いかに果敢な挑戦と偉大な功績であったか・・・。
年齢は夢を諦める理由にはなりません。彼の生き方を知るとそう思います。
今年も公私共に新たなことに挑んでいくつもりです。よろしくお願いします。

さて、今度は便利な現代文明の話。

法務局の登記記録ってインターネットで閲覧できることをご存知ですか?
証明印こそ無いですが、地図、地積測量図、建物図面等もお家でダウンロード。
例えばオンラインなら、登記記録閲覧代は1件397円、図面類は1件427円。
カード決済ですが、わざわざ法務局まで行って取るより数百円安いし、断然早いです。
簡単ですよ。詳しくは『登記情報提供サービス』のサイトで↓

http://www1.touki.or.jp/(一部対応が遅れている地域や書類があります)

E799BBE8A898E68385E5A0B1E68F90E4BE9BE382B5E383BCE38393E382B9

建築関係のプロの方もそうでない皆さんも、知ってると絶対便利。ぜひご活用を。

伊能忠敬の時代とは随分変わりましたが、登記記録には皆さんの土地や建物の歴史がこれからもたくさん刻まれていくでしょう。