全期間固定金利の住宅ローンの特徴

全期間固定金利の住宅ローンの特徴

みなさん こんにちは

住宅ローン超節約術 ファイナンシャルプランナーの杉本です。

 

住宅ローンを選ぶ時って

「絶対にこのローンがいい」という気持ちがないと

 

ついついその場の意見に流されてしまいますね。

 

できるだけしっかりと『あなたらしい選択』ができるように

ブログ記事を通してお手伝いさせていただこうと思います。

 

そういうことで最初は

全期間固定の住宅ローンについてお伝えします。

 

 全期間固定金利型の住宅ローン金利は融資実行時点で金利が確定します。

途中、段階的に金利が上昇するタイプ(段階金利)もありますが

上昇分についても最初から金利が確定しています。

 

金利が確定しているということは

返済総額も確定しているということです。

 

融資実行時に採用された金利をベースに

全期間の返済する金額が計算できますので返済計画が立てやすいというメリットがあります。

 

金利が上昇することも気にすることなく返済できる反面

金利が下降した場合も返済額は変更されませんので

 

金利が下がった場合には

融資実行時に採用された高い金利のまま返済を継続していくということになります。

 

返済額が確定しているという安心感と

金利上昇時にも返済額を気にする必要はないということはメリットであり

金利が下降している時には高い金利のまま返済を継続するというデメリットにもなります。

 

他のローンと比較してデメリットの部分を考えてみると

変動金利の住宅ローンに比べると適用される金利が高めにあるということがあります。

 

つまり、金利が下降したり、上昇幅が小さかった場合は

変動金利よりも返済総額が高くなるということです。

 

ここ直近、数年間の固定金利が連動している長期金利の動向はどうだったかというと

なだらかに下降してきていました。

 

そういうことから全期間固定金利で住宅ローンを組んだからといって

市場の金利動向を全く気にしないというのは、少しもったいないことで

 

市場金利が下降していて、

実際に借り入れしている住宅ローン金利と差があることに気が付いたならば、

 

残りの返済年数などのタイミングや手数料を考えた上で、住宅ローンの見直しを検討し

住宅ローンの返済額を有利な方向に変更していくことも考えておきたいものです。

 

そうは言っても、全期間固定金利の場合

ほったらかしにしたとしても、最初に決まった総返済額以上に増えることはありせん。

 

しっかりケアしていくことで

総返済額を下げられる可能性はあっても

上がってしまうことはないという安心感こそが

 

全期間固定金利の最大のメリットだといえます。

 

・住宅ローンの返済をできる限り安定的にしたいと考えている人

・返済額が変動するなんて我慢できない人

・今後金利が上昇局面に入ると考えている人

 

上記のような人には全期間固定金利の住宅ローンを検討してみて欲しいと思います。

 

全期間固定金利の代表的な商品として

フラット35についても今後紹介しようと思います。

 

yodogawa

 住育関西のイベントに向かう途中に撮影した淀川の写真です。

 

 

住まいにまつわるお金カテゴリの最新記事