Skip to content

古民家の新しい時代の幕開けとなるか…

国土交通省の平成25年度税制改正要望事項の説明資料を見ていると…

住宅を取得する30歳代の所得は1997年30歳から34歳が平均513万円だったのが、2010年には432万円、35歳から39歳は平均589万円だったのが、2010年には505万円と1割以上下がっています。

そこで住宅取得に係る費用の負担を減らす為に保存登記や抵当権の設定の為の税負担を軽減したり、住宅ローン減税の拡充を図っていくようですが、それに合わせ既存住宅(中古住宅)の取得に関する税制にも「既存住宅売買瑕疵保険」への加入を条件に特例を設け優遇していくようです。

このメリットを受けるには築年数要件(木造は20年)、耐震基準適合の証明などが必要なので残念ながら昭和56年の新耐震基準以前の住宅や古民家などは特例が受けれませんが、中古住宅市場が今後活性化していくのは時代の流れだと思います。

その中で、古民家をより多くの消費者の方に安心して購入してもらえるように、古民家鑑定書も建物検査=インスペクションの基準を新耐震基準以降の住宅の基準をベースにより伝統構法にあったものに、

 

そして、今後30年間のメンテナンスのスケジュールと内容が分かるように予防保全計画書を新たに追加する形で5月に改訂します…。

そして新しい鑑定調査豊富を解説した古民家鑑定士用教本も「古民家解體新書」とタイトルも一新して新しくさせて頂きます…

IMG_2953

解體新書のネーミングは、江戸時代杉田玄白がオランダの医学書「ターヘル・アナトミア」を翻訳して付けた名前です。多分この本から日本の医学は西洋医学が本格的に使われ始め、近代医療に変革するターニングポイントだったのではないでしょうか、

古民家解體新書も日本の住文化のターニングポイントとして刻まれる…そういう気持ちで書いています。

 

Author Profile

川上 幸生
川上 幸生
川上 幸生(かわかみ ゆきお)
1967年1月15日 大阪出身

二級建築士
愛媛県木造住宅耐震技術者
インテリアコーディネーター
照明コンサルタント
住宅断熱施工技術者
下水道責任技術者
古材鑑定士
古民家鑑定士
伝統資財施工士
住宅建築コーディネーター

大阪でお菓子会社にて商品開発やパッケージデザイン、
デパートのショーウィンドウや店舗の設計施工を経て
現在は愛媛に移住して今までの経験を活かし人に優し
い本物の家づくりを目指し「お客様に感動をあたえる
家づくり」を心情に住宅の設計やデザインをメインに
活動中。

主な活動
厚生労働認可財団法人職業技能振興会認定資格 
古民家鑑定士伝統資財施工技術士 教本執筆並びに講師

一般社団法人住まい教育推進協会 会長
株式会社アステティックスジャパン 事業統括本部長
愛媛インテリアコーディネーター協会 会長
四国中古住宅流通活性化協議会 理事
全国古民家再生協会連絡会議 事務局長
ケイズデザイン二級建築士事務所 代表