Skip to content

住環境が私達に与える影響

住環境が与える人体への影響について考えてみましょう。

 

皆さんは住環境と身体って
互いに影響し合ってると思いますか?

 

新しい『すまい』に生活し始めて感じる事とはどんなことでしょうか。

例えば不都合や不便さは、施工のミスではなく計画上のミスです。
でも、このミスは、欠陥しされる事は少ないのが現状です。
良く言われるミスは、施工のミスが多いです。

 

ところで、設計(計画)の評価は、どんなところでつけますか。
意匠性?
デザイン性?
流行性?

上記で評価される事はあっても
使い勝手に対する評価は軽視されがちです。

家族の健康に取ってマイナスな住環境があっても
問題視されてきませんでした。

誤った計画で作られた住環境は
人体に対して悪影響を及ぼします。

 

環境予防学は、病気の原因が住環境にある事を
あまり認識していません。
原因は、先天的なものか、食生活や生活習慣などの後天的なものが多いと言われます。
はたして、本当でしょうか。

科学技術が発達した今
私自身、詳しくはわかりません。
しかし住育で学ぶ
故事や先人の生活体験に基づく知恵に学ぶ事は多いです。
これらは論理的に実証可能です。

私達は住育から学び
未来の子ども達へ伝えていく事を続けていかなくてはなりません。

 

 

Author Profile

三ツ井 仁
三ツ井 仁
地元清水の工務店の4代目候補として
精進する日々です。

先代は、職人として。
2代目は、棟梁として。
3代目は、職人、そして経営者として。

では、4代目の私は?
どこに向かえば良いのでしょうか?

自分にできること。

それは、
出逢ったすべての人が
ご縁を頂いたすべての人が
地域で輝く人になってもらう為に
関わり続けること。

4代目になれるように
日々精進です。

いつもありがとうございます。