Skip to content

漆喰は身近な素材 …ではなかった

久しぶりのオハナシです。なので、漆喰のウンチクの前に、まず「建築あるある」のオハナシ。

ワタシもセミナーでよく使うネタなんです。

それが、建築の「築」のオハナシ。

2053513
この築の文字。

竹・土・瓦・木に分けられるってご存知でしたか?

そんな馬鹿な…と書いてみると

2053483

ほら、確かに。
実際の漢字の成り立ちは違うようですが、説得力のあるオハナシなんです。

で柱や梁が作られます。
屋根は茅葺きや板葺き、瓦葺きの場合はで葺かれていました。
壁はが編み込まれた小舞に壁ですね。
昔は紙は贅沢品ですから、障子が無い家も多かったんです。

ほら、4つの素材で住まいの出来上がり。

と言いたいのですが、「石」も欲しいところですね。さらには漆喰もほしいです(笑)
ただ、「身近にある素材で住まいは造られていた」ということを理解いただくには大変印象深いオハナシですから…

今後もネタとして使わせていただきます。

そして漆喰のオハナシ。実は漆喰は身近にある素材ではなかったんです。
漆喰の主原料は石灰。それはこの石を高熱で焼かねば作ることは出来ません。しかも大量に必要ですよね?
それなりの環境が整わないと簡単に入手できないものだったんです。

Author Profile

鳥越 宣宏
鳥越 宣宏
鳥越 宣宏 (とりごえ のぶひろ)
全国を回りながら漆喰の再普及と啓蒙のための支援活動を行っています。
<主な活動>
伝統素材に関する勉強会、セミナー開催。
一般社団法人伝統素材伝承支援協会(でんでん協会) 代表理事
全国古民家再生協会連絡会議 副会長

<連載中ブログ>
あなたが漆喰を愛してくれますように
 http://shikkui.denden-kyokai.com/
でんでん協会活動日誌
 http://blog.denden-kyokai.com/
のぶヒろぐ ~漆喰について考えていこう~
 http://www.blog.rice-ohmori.com/