地震とタワー型マンション

地震とタワー型マンション

みなさん こんにちは

住宅ローン超節約術 ファイナンシャルプランナーの杉本です。

 

4月13日は私が毎月開催している勉強会のイベントがありました。

 

大阪城の近くでの野外イベント

メインは不動産投資のお話です。

 

そして少な目のサクラを愛でながらの宴会も行って

お天気に恵まれて楽しい時間を過していたのですが・・・

 

0413

 

実は4月13日の早朝、近畿で大きな地震があり

大阪では大きな被害はなかったものの交通機関は大きく乱れていました。

 

電車の遅延や運行を見合わせているところも多く

このイベントも中止するかどうかの判断を早朝に迫られたのですが

 

状況がわかるにつれて、なんとか開催可能と判断し実施しました。

 

イベントに参加された方と歓談している時には

「今朝の地震はすごかったですね~」

 

という話題がでてくるのは自然な流れ

そんな中、震源に近い神戸方面のタワー型マンションに住まれている方の

お話を聞くことができました。

 

私「今朝の地震では相当大きく揺れたのではないですか?」

 

「うちはタワー型だけどそんなに大きくは揺れなかったんですよ」

 

私「えっ!!結構震源にも近い地域ですよね。」

 

「うん、そうなんですけどね~免震構造っていうのかな、それが効いてるみたいですね」

 

私「へ~そういうものなんですね~

イメージではタワー型マンションはグラグラ揺れてたのかな?なんて思ってしまって・・・」

 

「確かに揺れてはいましたけど、物が落ちることもなかったのでね~」

 

とこんな感じでした。

(あくまでも個人の感想です♪)

 

このマンションが阪神淡路大震災後に建てられていること

神戸方面ですので、他の地域よりも地震への対策は重要視されていたのかもしれません。

 

ですから、個々のマンションでの構造の違いや階数の違い

地震の規模や揺れ方、時間などによって感じ方は変わると思いますが

 

高くそびえ建つタワー型マンションって

意外に揺れないのかも・・・と思った出来事でした。

 

 外から見てるだけのイメージと

実際の感覚ってかなり違ってることもある

 

とすれば・・・

 

新たに新居を構える時

同じような家に住まれている人の話を事前に聞いておくことって

 

大きなポイントになるのかなと・・・

そう思いませんか♪

 

その他カテゴリの最新記事