Skip to content

羽アリ飛んでいませんか?

images-1

 一般社団法人伝統建築防腐防虫対策協会(伝防協)の永嶺です。

今朝の岐阜は雨・・・シロアリの羽アリがでるには少し寒い気がします。
もうすぐ出てくる羽アリの種類はヤマトシロアリです。

長年シロアリに関わっていますと羽アリが飛び立つ日が体感温度で分かるようになります。
本日、美濃地方で降っているやや強い雨で、翌日晴れてきますと羽アリは出てきます。

「あっ今日は羽アリ出るかも」って体感温度から予想し大体当たります。

普段、訪問推進で歩き回るシロアリ営業マンも羽アリ群飛時は調査に終われます。
このときばかりはラジオ、雑誌、織り込みチラシ、地元放送をフル活用します。
皆さん羽アリ出ると慌ててお電話される方がいらっしゃいます。特に奥様方です。

慌てるとシロアリ業者の思うツボなんです。
心配しなくてもちゃんと食害されていますので慌てる必要はありません。

シロアリ業者が忙しい時に依頼するから高いのです。
どうせ食われてますから暇な時期になるまでほっといても何の心配もいりません。

慌てて業者に依頼するのだけはやめましょう。

暇な時期なら安くなりますよ・・・

だって単価は知れてますから・・・

私達工事の坪単価を見ればいくらで出来ると想像つくはずです。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。