1年間で住宅ローンをいくら支払うことができますか?

1年間で住宅ローンをいくら支払うことができますか?

みなさん こんにちは

住宅ローン超節約術 ファイナンシャルプランナーの杉本です。

 

あなたは今、住宅ローンを1年間でどれくらい支払っていますか?

 

「え~っと月に8万円なので1年間で96万円ですね~」

「うちは月10万円なので120万円です」

 

みなさんそれぞれに住宅ローンの返済をされていると思います。

では、ここで毎月の返済額が上昇したと仮定してどれくらいまで増えても

大丈夫だと思いますか?

 

「月1万円アップでも厳しいな~」

「うちは2万円くらいなら余力がありますね~」

 

ここも人それぞれ家計の余力によって

厳しさは違っていると思います。

 

さて、そもそも住宅ローンを借りる時

金融機関はどれくらい毎月の返済額が上昇しても

あなたが住宅ローンを払い続けることができるだろうと考えていると思いますか?

 

実は各金融機関で目安が決まってるんです。

年収○○○万円の人は年収の35%までとか30%までといった形です。

 

例えば年収500万円の人は1年間で35%までという金融機関であれば

1年間に住宅ローンの返済に充てられる金額は

 

500万×0.35=175 万円 まで返済できるとして

住宅ローンの貸し出し基準が決まります。

 

ここに金利が3%~4%まで上昇すると仮定して(審査金利)

借入年数の計算が加わって

 

最大限住宅ローンを借りられる金額が決まるんですね。

  

この基準になってる1年間で175万円・・・毎月 14万6000円程度

もしも金利が高くなって本当にこうなった時って、

 

年収500万円の人はちゃんと返済できるのでしょうか?

 

ちょっと疑問に感じる数字ではありますが

住宅ローンを借り入れる際の基準がこういう決め方なんですね。

 

そういうことなんで

私としては住宅ローンを借りられるだけ限界まで借りるというのは

あまりおすすめしていません。

 

金利がずっと低いと決まってるならいいのですがね~

 

また金利が上昇するよりも

もっと注意が必要なことがあるんです。

 

基本的に住宅ローン破綻をする原因の1つ

『給料が減る』ってことです。

 

減給、ボーナスカット、リストラ、会社の倒産

今の時代めずらしい話ではありません。

 

年収500万円の時に最大限借り入れた住宅ローンを

年収400万円になった時に返済するのは計算しなくてもしんどいことはわかるでしょう。

 

少しくらいの減給やボーナスカットくらいなら

吸収できる家計でいて欲しいと思います。 

 

そういうことなので住宅ローンの借入額には注意してください。

 

まあ、それを全て承知の上で

それでも最大限借入するという人は

 

逆に応援したいですけどね♪

時代の波風が色々と吹き荒れる中、根性で乗り切って欲しいと思います。

 

 0512

 先日、音楽教室の発表会がありまして

その1シーンです♪

住まいにまつわるお金カテゴリの最新記事