Skip to content

手元に残すお金とは?

家を新築した際、
自己資金を出すか、頭金0円かで悩まれる方が多いかと思います。
今回は手元に残すお金について。

新築する際の費用を考える他に必要なのは
どれだけ手元に残しておくか、です。

まずは当面の生活費。
万一の失職などに備えて給料の半年分程度は残しておくといいでしょう。
さらに教育費。

皆さんはどれだけ教育費が掛かるかご存知ですか?
下記の表を御覧ください。

こちらは文部科学省が調査した平成22年度の年間教育費調査です。

上記の表で中学校まで公立、高校が私立として計算すると
666万6999円となります。(約667万円とします)

この金額を高校卒業までの15年間で割ると
月額平均約3万7千円となります。
大学や専門学校に進学する場合は月額平均約4万円~5万円です。

初めはそれほどかからなくても、
できれば、お子さんが産まれた直後から積立はしたほうが良いですね。

一つの参考としてお考え下さい。