Skip to content

資金計画を大きく左右する土地代と諸経費

家づくりでは、マイホームへの夢と手に入れることができる嬉しさで判断が鈍るときがあります。
1年にもわたる家づくりのプロセスの中で、重要なのが土地選びです。
選んだ土地の価格によっては、予算オーバーなんてことも。
資金計画を大きく左右するのが土地の価格です。

DSC00182

建物の建設費は、グレードによってほぼ決まっていますが、
土地の価格はロケーションによって大きく変ります。
予算を決めてから、探すのが鉄則です。
また、土地の価格のほかに、不動産仲介会社を通した場合には、
売買価格の3%+消費税(※)の仲介手数料がかかります。
そのほかにも、登録免許税や不動産売買契約書の印紙代、
不動産取得税・固定資産税・都市計画税などが必要です。

地盤に問題のある土地などを安く買った場合には、
地盤改良工事などがかかる場合があります。
資金計画の中でも大きなウェイトを占めていますので、
早めに決めて予算内に納まるようにしたいものです。

家造りは大きな買い物です。
「消費税が上がる今がチャンスですよ!」・・という口車に惑わされないでください。
というより、「消費税が」という会社にはお願いしないほうがいいかもしれませんね。

きちんと選び、きちんと考える。
それが失敗しない土地選びの第一歩です。

Author Profile

鈴木 健規
鈴木 健規
栃木県那須塩原市に建築・不動産の事務所を構え、
地域密着の企業として毎日奮闘しております。

座右の銘:資財循環させるコトが、未来の子供たちにコトを伝える

『建てては壊す』というフロー社会の今、日本の人口は減っているが建物は増えているという現状があります。私達は未来の子供たちに残す建物を遺す為、産業廃棄物とならない建物を創りそれを遺すことが~資財循環させるコトが、未来の子供たちにコトを伝える~ということに繋がっていると考えています。ただ単に作ったものを残すだけでは廃屋化が進む日本が目に見えています。世代を通じて住める家創りすることがフロー社会からストック社会に、資産となる住宅を私達から次の世代、さらに次の世代へと受け繋げることが、私達の役目だと考えています。

現在はこれまでの経験を活かし、店舗リフォームなどをさせて頂いたお客様などにアフターサービス業としてHP作成や葉書・パンフレット・チラシ作製、名刺作成なども行っています。作って終わりではなく、店舗作成後もお手伝いさせて頂く事によって、より多くの方に知って頂ける為に営業や経営のサポートをすることも、私達の大切なサポートの一つであり、お客様に喜んで頂ける為のお手伝いであると考えております。
また、建築業や中小企業へ講師としてお話させて頂くことも業としています。

≪日々、掲載中≫
鈴木健規オフシャルサイト
suzukitakenori.com