身の丈以上の住宅ローンに立ち向かう

身の丈以上の住宅ローンに立ち向かう

みなさん こんにちは

住宅ローン超節約術 ファイナンシャルプランナーの杉本です。

 

前回の『身の丈以上の住宅ローンを組んでしまったと思った時

の続きです。

 

第二子が産まれ、貯蓄がどんどん減っていき

節約と仕事に明け暮れていた時

 

気が付いたことがあるんです。

それは世間では3年固定などの短期固定の住宅ローンが流行していたということ

 

その適用されている金利が

私が借りている変動金利よりも

 

かなり低い・・・

 

(金利が低くていいな~

私は変動金利だから金利が高いのかな・・・)

と思ってました。

 

変動金利より3年固定ならもっと返済額が下がるんじゃないのかな?

変動金利のまま返済するなんてもったいないような・・・

 

だんだん金利に対する不満が大きくなってきて

「よし借り換えをしてうちも金利を低いものにしよう!!」

そう思い有名バンクの住宅ローン相談に申し込みました。

 

住宅ローン相談では愛想の良い美人の行員さんに対応していただき

私もご機嫌(笑)

 

借り換えしたいという話をして

条件や金利の話など色々な話を聞いていました。

 

さすがに有名銀行の行員さんだけあって話もわかりやすく

さらに笑顔もまぶしいです。

 

そうやって話が進んでいった時

持参した当初の物件価格と借り入れた住宅ローンの金額が記載された用紙を見せました。

 

すると・・・

今まで愛想の良かった行員さんの顔がピキっとひきつってしまいました

「少々お待ちくださいね」

と言って奥の上司らしき人の所でヒソヒソ話

 

(何かまずいことでもあったのかな~)

と心配しながら待っていると

奥にいた上司の男性が登場です。

 

お客様の当初の借入条件ですと

当行ではお借り換えできる条件に当てはまらない・・・・

 

というような話をされてしまい

(借り換えもできないような悪条件で住宅ローンを組んでいたのか)

 

それを知ってしまったショックでもうガックリです。

そこで最初の住宅ローン借り換え作戦は失敗に終わりました。

 

この頃の私には住宅ローンに関する知識は全くありません。

あの美人の行員さんの笑顔がひきつった瞬間は今でも覚えています。

 

当時の私には住宅ローンを下げるということは不可能なことにしか思えませんでした。

じゃあどうすればいい?

私には何ができる?

 

自問自答を繰り返しました。

そして出てきた結論は

 

逃げる・・・ことではなく

立ち向かうこと

 

『住宅ローンの借入額に見合った収入を目指す』

 

ということでした。

絶対に負けたくなかったので思いついたのはこれくらいです。

 

仕事ばかりしてはいましたが

きっとまだやれることがある。

 

そうやってチャレンジしたのが投資でした。

 

少し長くなってきたので続きはまた今度にしましょう♪

 

誰でも簡単にできそうな住宅ローンの借り換えですが

場合によっては辛い思いをすることもある

ということを知っておいてください。

 

このあと再度住宅ローンの借り換えに挑むことになるのですが

結果は・・・お楽しみに♪

 

0526

住まいにまつわるお金カテゴリの最新記事