Skip to content

土地選びは地名を参考に…

土地選びは地名を参考に…

家を建てる場合の土地選びで参考にするなら地名からどんな土地かを知る事もできます。

地名は昔そこがどんな場所だったかを示す手がかりです。水辺に関係する地名がついているという事はそこが低地でもあり、災害に遭いやすかったり、湿気やすかったり、地盤が弱かったりする場合が考えられます。

 

例えば、低地を意味する谷や窪、沢、下、溝、沼などが入った地名。越谷、渋谷、米沢、金沢、荻窪、大阪など 水に関係するサンズイの文字、

池、沢、落、波、津、洲、浜、江、河、沼、海、沖、潮、汐、洗、浮、渋、清、淡滋、渡、滝、灘などや、

それを使った水辺に隣接する海岸や半島等を表す例えば、横浜や浜松、浦安、川崎、茅ヶ崎、磯子、高砂、新潟、松江、住之江、岸和田など。

横須賀の須賀とは砂州の意味で、脇に砂浜がある場所が横須賀になります。

江は入り江、浦は比較的小さな湾のことを指します。

津は船着き場となります。

軟弱地盤である可能性がある水辺に見られる動植物に関連する文字 荻、蒲、菅、蓮、鶴水などや、

水田など田がつく地名。成田、下田、田辺、梅田、秋田。新しく開墾された田は新田と地名がついています。

その他、鴨川、道頓堀、船橋など。

IMG_3267

逆に水はけが良い高台の土地に多い名前は山、丘、高、林などです。

 

開発された分譲地などの場合には名称が変わっている場合もあるので登記簿の地番の表示などを見ると昔の地名がわかります。

 

また地形も重要なポイントです。河川が近くにある場合には河のカーブの外側は水害に遭いやすいですし、東に丘陵地があれば朝の日差しが届かない土地だったり、北の斜面に家を建てると南の日当りが悪くなります。西側が開けた土地の場合には西日に悩まされるでしょうし、

 

あとシロアリの害を受けやすい土地もあります。岐阜の永嶺さんが現在まとめようとしておられるシロアリに関する防虫メソッドから抜粋させて頂くと、

それは、
建てる前にその地が田んぼや畑であった

丘陵地に家が建っている(地下水脈が近い)

水辺や川、用水路が近い位置にある

井戸の深さは浅く地下水の水脈が近いと考えられる。

家の横に観賞用の池がある

建物のすぐ側が山、もしくは藪などの土地です。

 

家は最悪建て替え?する事も出来るかもしれませんが、土地は気に入らないからと簡単に動かす事はできません。それだけに慎重に選びたい物です。

 

Author Profile

川上 幸生
川上 幸生
川上 幸生(かわかみ ゆきお)
1967年1月15日 大阪出身

二級建築士
愛媛県木造住宅耐震技術者
インテリアコーディネーター
照明コンサルタント
住宅断熱施工技術者
下水道責任技術者
古材鑑定士
古民家鑑定士
伝統資財施工士
住宅建築コーディネーター

大阪でお菓子会社にて商品開発やパッケージデザイン、
デパートのショーウィンドウや店舗の設計施工を経て
現在は愛媛に移住して今までの経験を活かし人に優し
い本物の家づくりを目指し「お客様に感動をあたえる
家づくり」を心情に住宅の設計やデザインをメインに
活動中。

主な活動
厚生労働認可財団法人職業技能振興会認定資格 
古民家鑑定士伝統資財施工技術士 教本執筆並びに講師

一般社団法人住まい教育推進協会 会長
株式会社アステティックスジャパン 事業統括本部長
愛媛インテリアコーディネーター協会 会長
四国中古住宅流通活性化協議会 理事
全国古民家再生協会連絡会議 事務局長
ケイズデザイン二級建築士事務所 代表