Skip to content

町家と武家屋敷

町屋(まちや)は、町人が住む住宅で、つまり、農家に対し商業や工業を営むための都市住宅です。町家(まちや、ちょうか)ともいい、特に商いの場を兼ねた町屋は商家(しょうか)と呼ばれます。宿場における街並みは宿場町と呼ばれ、城下においては城下町と呼ばれてきました。

IMG_9234

 

 

建物屋根の棟に対して直角に切り下ろした妻側を妻といい、対して棟と並行する側を平(ひら)と呼び、平入と呼ばれる道路側に軒先と棟を平行させた平入の建物が多く、中世以降平屋で板葺き切妻屋根に土壁の家屋が建てられ、江戸初期には、厨子二階(つしにかい)と呼ばれる低い2階建てに袖卯建(そでうだつ)を上げた家屋が一般的になりました。

現在多く残されている瓦葺き、漆喰塗籠めの壁を持つ町屋は1600年代末に現れました。厨子二階は、街道沿いに建てられた町屋の表に造られ、大名の往来を上から見下ろすことが失礼に当たるということから居間としてではなく物置として使うことが許され、明治以降は、現在の家屋と同じ天井高の2階建て住宅が表通りにも建てられるようになり、京都などでは三階建の町屋なども建てられるようになりました。 京都に建てられる住宅は京町家(きょうまちや、きょうちょうか)と呼ばれ、主に職住一体型の住居の形式であり、店舗併用住宅なら京町屋、住居なら京町家と表記されることが多いようです。町屋は昔は店屋と書いて「まちや」と読んでいたものが変化したとされ、住居を指す「町家」という語は比較的新しく、昭和初期まで町家(ちょういえ)とは町の集会所のことを指していました。

一方、武家屋敷は原形は公家の住まい(公家屋敷)である寝殿造といわれ、鎌倉時代から始まったとされています。

武家屋敷は武家造とも言われ、寝殿造を簡略化し武家の生活様式に合わせて御家人の集う施設や防衛のための施設を持つのが特徴となります。現在は侍屋敷の様式を武家造と呼ぶこともありますが、本来の武家造とは違います。室町時代になると武家屋敷の様式は寝殿造から独立し会所や対面所などを構えて独自の様式へ変化し、主殿造りや、書院造りへと進化していきました。安土桃山時代では書院造は上下段の違い棚の構成や絢爛な装飾を備え権勢を示す荘厳で格式の高いものとなり、床の間といった書院造の要素の一部は江戸時代になると武士や商家や豪農などの住宅にも取り入れられ、明治以降は一般的な民家にも普及するようになりました。

明治後、諸大名の江戸にあった上屋敷などは江戸幕府から与えられた拝領屋敷のため新政府により接収され殆ど取り壊され政府の施設へ姿を変えてしまいました。武家個人の所有であった下屋敷は残されましたが、武家は公家と共に華族へと移行し、また近代化により武家屋敷は姿を消して代わりに武士の屋敷である侍屋敷(さむらいやしき)が武家屋敷と呼ばれるようになり、侍屋敷が多く残る地区(侍町)も武家町や武家屋敷通りなどと呼ばれるようになりました。 侍屋敷は、武家に属さない中級、下級の武士の邸宅で、主に城下や陣屋の周囲など主君の居所の周囲に形成され、その場所は侍町と呼ばれました。基本的に主君の居所から近いほど身分の高い人物が住み、遠くなるほどに身分の低い人物が住みました。特に家老を始めとする重臣は藩主の居所の近隣や城内に住むことも多く、身分の低い侍は町屋に隣接した場所に住み、町屋に住む例もあったようです。また、侍屋敷の更に外側には足軽の屋敷である足軽屋敷、組屋敷、や長屋形式の足軽長屋、組長屋が置かれ、これらは防衛上の観点から城下の入口などに集中して建てられていました。

 

参考文献(Wikipediaより)

Author Profile

川上 幸生
川上 幸生
川上 幸生(かわかみ ゆきお)
1967年1月15日 大阪出身

二級建築士
愛媛県木造住宅耐震技術者
インテリアコーディネーター
照明コンサルタント
住宅断熱施工技術者
下水道責任技術者
古材鑑定士
古民家鑑定士
伝統資財施工士
住宅建築コーディネーター

大阪でお菓子会社にて商品開発やパッケージデザイン、
デパートのショーウィンドウや店舗の設計施工を経て
現在は愛媛に移住して今までの経験を活かし人に優し
い本物の家づくりを目指し「お客様に感動をあたえる
家づくり」を心情に住宅の設計やデザインをメインに
活動中。

主な活動
厚生労働認可財団法人職業技能振興会認定資格 
古民家鑑定士伝統資財施工技術士 教本執筆並びに講師

一般社団法人住まい教育推進協会 会長
株式会社アステティックスジャパン 事業統括本部長
愛媛インテリアコーディネーター協会 会長
四国中古住宅流通活性化協議会 理事
全国古民家再生協会連絡会議 事務局長
ケイズデザイン二級建築士事務所 代表