10年固定型住宅ローンの隠れたリスク

10年固定型住宅ローンの隠れたリスク

みなさん こんにちは

住宅ローン超節約術 ファイナンシャルプランナーの杉本です。

 

前回の記事の住育イベントで住宅ローンの話をしたことをお伝えしましたけど

その中で1つ気になったことがあるんです。

 

それが今人気の10年固定型住宅ローンについて

 

10年間ではありますが

変動金利のように金利変動におびえることもなく

 

全期間固定金利よりも低い金利で返済できる

 

良い意味でいいとこ取り

 

逆の見方をすると

変動金利ほど低金利ではなく

10年後は変動金利になってしまう

 

中途半端な住宅ローンという見方もできます。

 

個人的には10年固定金利の住宅ローンは悪くないと思っているのですが

気になったことというのは

 

住宅ローンに関する質問の中で

10年固定に対して安心感を持ちすぎているようなイメージを受けたことです。

 

今後の金利上昇が心配なので固定型にしたい

全期間固定よりも金利が有利な10年固定にしたい

 

ここまではそれで良いのですが

10年後に変動金利になるということを

 

イメージできていないのではないかという心配です。

 

金利がなだらかに上昇が始まったとして

全期間固定の人は当然気にしなくて良いですね。

 

変動金利の人は当然、気になりますよね(笑)

毎回送付される返済予定表の金利の部分が上がらないように祈っていると思いますが

 

変動金利の人は金利のことが気になっているので

金利がどの程度上昇しているのか気が付きやすいし

計画表などで気が付くポイントもあります。

 

きっとニュースでも報道されることでしょう。

 

さて、ここで気になったのが10年固定の人

10年間は金利が変わらないという安心感にどっぷりつかってしまうことで

 

金利の変化に鈍感になってしまわないかということです。

 

10年後は変動金利になってしまいますので

その時の金利情勢次第では返済額が大きく変わることになります。

 

もちろん、10年固定の仕組みをちゃんと理解して

金利が上がっている場合についても想定して

返済計画をたてているなら全く問題ないのですが・・・

 

10年という期間はゆでガエルになるには十分な期間ではないか

 

そう考えた時ノープランで10年固定を組むことは

ある意味、変動金利以上にリスクを抱えることになるのかもしれません。

 

どっぷりと安心感の海につかるには10年は短い

金利変動のリスクを忘れ去るには10年は十分長い

 

もしあなたが10年固定の住宅ローンを組んでいるなら

10年後のことを想定して返済計画を考えるようにしてくださいね♪

 

0630

↑はいつも勉強会を開催している会場から見える風景です。

ビルばっかり(笑)

住まいにまつわるお金カテゴリの最新記事