~10年固定の隠れたリスク~ じゃあどうすればいい?

~10年固定の隠れたリスク~ じゃあどうすればいい?

みなさん こんにちは

住宅ローン超節約術 ファイナンシャルプランナーの杉本です。

 

消費税増税前に家が欲しいと思ってる人が多い

というニュースが目に付きますね~

 

本当かどうかはさておき

あなたの考え方にあった住宅ローンを選んで欲しいと思います。

 

前回は『10年固定型住宅ローンの隠れたリスク』という内容を書きましたので

今回は・・・

 

「10年固定を選びたいけど、どうすればいいの?」

 

ということについてお伝えしようと思います。

前回チラッと書いたことに

 

10年後のことを想定して返済計画を考える

これが答えなのですが

具体的に何を考えればいいのかって事を書いていきます。

 

10年後に変動金利に変わりますので

・金利が下がっているのか

・現状程度なのか

・金利が上がっているのか

 

これを正確に予測することは誰にもできません。

 

ですから将来金利がどう変化したとしても

出来る限り返済が困らないように準備しておけばいいわけです。

 

金利が原因で返済が困ることといえば

金利が上がる時になりますから

 

金利が上昇しても大丈夫なように

10年かけて準備すればいいということになります。

 

ここでいう準備とは

金利上昇で返済額が増えた時に

繰上げ返済することで返済額を現状維持程度におさえる

 

それができるように繰上げ返済用の資金を貯めるということです。

 

「金利が上がったらどうしますか?」

と質問すると

 

「その時に貯蓄があれば繰り上げ返済するんですけど・・・」

と答える人がいます。

 

いやいや・・・

貯蓄があればではなく

 

その時にあわせて貯蓄を作るんです!!

 

10年固定の人は10年間かけて

住宅ローン対策用の貯蓄ができる。

 

チリも積もればってやつです。

いきなりまとまった資金を作るのは難しいですが

 

10年かければ結構たまります。

 

目標としては全期間固定金利で住宅ローンを借りてるつもりで

毎月の住宅ローンを計算して差額を貯蓄するくらいはがんばって欲しいと思います。

 

毎月1万円でも年間12万円

10年で120万円の住宅ローン対策用に貯蓄することができますからね。

 

0707 

 暑くなってくると

冷たい飲み物が欲しくなりますね~

 

住まいにまつわるお金カテゴリの最新記事