少し下がった住宅ローン金利

少し下がった住宅ローン金利

みなさん こんにちは

住宅ローン超節約術 ファイナンシャルプランナーの杉本です。

 

今年の春、日銀の金融緩和の話がでてからというもの

『住宅ローン金利が上昇!!』

『これから住宅ローンを組む人は金利上昇に気をつけましょう!!』

 

というニュースが駆け巡りました。

 

確かに、物価上昇2%を目標に掲げている以上は

いずれ・・・

 

デフレからインフレになって

金利の上昇もあるのだろうなと

 

誰もが思うわけで

金利の下降が止まり少し上昇したことを機に

 

固定金利型の住宅ローンが注目を集めていました。

 

しかし、ここにきて逆に

少し住宅ローン金利が下降しております。

 

以前紹介した3年固定の特別金利や

今回は変動金利の優遇幅を拡大するというニュース

 

確かに数年単位でみれば金利は上昇する可能性が高いと私も考えているのですが

 

この数ヶ月間の金利の動きは

日銀の金融緩和に関する内容が大きかったために起こった

短期的な混乱であったような印象を受けています。

 

住宅ローンを選ぶ上で

何が正解で何が間違いなのか?

 

それは住宅ローンを完済まで到達できるかどうか

という部分になると思います。

 

やり方は人それぞれ

現時点でコストをかけることになっても

安定的な固定金利で返済する。

 

また金利上昇リスクを負ってでもコストをおさえて

より早く元金の返済ができる方法を選択する。

 

どちらを選んだとしても

きっちり最後まで住宅ローンを返済できれば

間違いではないと思います。

 

 目先の金利に翻弄されて

慌てて行動を起こすのは正直なところオススメできません。

 

何事も慌てて行動していい結果がでることって少ないでしょう。

 

 だったら今は変動金利が上昇する時期ではありませんので

この慌てずゆっくりと考える余裕のあるタイミングで

 

あなたが本当はどんな方法で住宅ローンを返済していきたいのかを

考えてみてはどうでしょうか?

 

本当に行動を起こすべき時に慌てずに済むように♪

 

0812 

先日あった大雨と晴れ間の境目らしき部分

わかるかな~

 

住まいにまつわるお金カテゴリの最新記事