Skip to content

大工職人って変わり者?

大工職人はよく変わり者だと言われたりします。
変人というべきものとは少しばかり違うのです。
曲がったことが嫌いと言った方が合ってるかも知れない。

DSC07333

変わり者とは、解りが悪いのとも違う。
大工職人は、曲がった変木が好きでもある。
木の癖里を木に問いかけて上手く使うことが得意なのです。
そんな曲がり木でも、ちゃんと芯が通っているもの。

大工職人も曲がったことが大嫌いともいえる。
しかし、芯が通っていれば大好きでもある。
妥協を許さないと言った方が当てはまるかも知れない。

大工職人は昔から、曲がった木を上手く使うことが得意で
それがいつしか曲がりものの芯が通った木を使わなくなった。
曲がった変木こそ味があると言えるのでは…

DSC07294

そんな、変わり者大工職人5人が家造りをしています。
みんな、変わり者で、頑固です。
妥協を許さない5人衆が、曲がった変木を使い上手く使いこなしてます。
大工職人は変わりものではなく、筋の通った頑固者なのです。
それでいて、誰よりも理解ある優しいのが大工職人でのあるのです。

Author Profile

井上 静夫
井上 静夫
1955年、福岡県八女市生まれ。中学卒業と共に、大工の修行に入る。6年の修行の後地元八女に戻り工務店で働くこと10年。その間1979年に2級建築士を取得、建設科、建築科の職業訓練指導員となる。1985年建設業の許可を取得井上建築を開業する。自然素材に特化した家造りを手掛ける。1997年には労務管理士、1999年被災建築物応急危険度判定士を取得、2005年下横山神社、仏閣建築に関わり委員会より表彰、2010年古民家鑑定士、伝統資財施工士、古材鑑定士、古材活用士となる。現在も自然素材に拘った家造りを行っている。