Skip to content

【住育】で何を得るのか?

10月19日 【住育の日】 です。
住まいの大事なコト・・・・なんだと思いますか?

デザイン?構造?機能性?価格?確かに大事なコトです。
しかしその前に大事なコトがある気がします

日本人は「土地に価値を求めて家を消費材」として考えます。
ですから「不動産」は土地のイメージが有り
「消費税」も土地には掛かりませんが、家には掛かります。

資産価値としては「固定資産税上」から言うと
坪単価100万円で建てても、坪単価25万円で建てても
大事に自分でメンテナンスしながら住んでも約25年で「ゼロ査定」でとなります。

ですから住宅の対応年年数が同じ木造住宅でも

・イギリス約140年

・アメリカ約70年

・日本約30年

の理由は「意識の問題」が大きいのだと思います。
日本の住宅だけが長持ちしない理由は見当たりません。
日本は湿気が多いから・・・と言われる方いらっしゃいますが
戦前の日本の住宅寿命が70年と言われてますから(実際古民家は長持ちしています)
少し的外れなことを言われていると思います。

木は経年変化で強度を増しますから
木造住宅はメンテナンスを繰り返せばコンクリート住宅よりは長持ちします。

私は「住育」で消費者がそのようなこと学んで(上記の話はその一部ですが)
人生の最大の買い物でする「住宅」のホントの大事なコトを知り
いい資産を手に入れて欲しいと考えています。

私の考えるいい資産とは「お金の資産」ではなく「幸せという資産」です。

DSCN1387

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。