Skip to content

持続可能な社会を目指すサスティナブルの時代 、1

ちょっと入った店舗で、レトロな雰囲気を感じることがありませんか。

古民家風の つくりで、ちょっと小洒落た感じの店舗が増えています。

持続可能な社会を目指すサスティナブルの時代は、
インテリアのデザインにも影響を与え始めているのです。店舗のデザインは、
いずれ住宅のインテリアデザインとしても広がってきます。
新築やリフォームに、古材を使うというアイデアを検討してみませんか。

サスティナブル=持続可能な社会を目指す時代には、
これまでの作っては壊 すことよりも使い続けることが目的に なります。
それは住まいも同様です。
住生活基本法が制定され、良い住宅を建てて、手入れをし、
より長く大切に使うことが奨励されるようになりました。
安全 で安心な生活環境を支えるために、住宅性能表示によるハードの基準も定められています。
技術開発力が高い日本は、どうしても技術的な内容を求めがちで す。
持続可能とするために、永く使えメンテナンスフリーの部材を研究開発する傾向にあります。
しかし、本来は手入 れなどのソフトのしくみづくりが大切です。

住生活基本法制定から5年後の2011年には、
よりソフト面の充実を図るように見直しが行われています。
サスティナブルを技術ではなく、ソフトとして受け 止めることが大切なのです。
その意味で は、同様にサスティナブル社会が求めら れた時に、
欧米ではサスティナブルデザインが提唱されています。
技術ではなく デザインとしてサスティナブルを受け 止めているのです。

A (3) のコピー

永く持続して使われてきたものには、 歴史としての傷みが残り、色も変わって しまいます。
技術的には経年の変化によ って劣化したものと考えられてしまい ますが、
デザインとして見ればそれは価 値が高まったものとして見られます。
永 い年月を経たからこそ、備わった個性と して認めようとするものです。

サスティナブルを技術ではなくデザインで受け止めることは、
歴史や文化を 大切にすることでもあります。
残されて きた古いものには、間違いなく歴史と文 化が刻まれているものだからです。
そして技術や機械文明的なものよりも、歴史 や文化的なものを大切にする風潮が、
世 界的にも広まりつつあります。

歴史と伝統が大事にされるイギリスでは、古い住宅ほど価値が高くなるとい われています。
また、アメリカではサスティナブルデザインとして、
古民家風の デザインにすることが潮流となっています。
不動産流通が発達した国では、みんなが憧れるデザインの家には高い評 価となり、
何よりも高値で取引されるようになります。
リフォームで改修するにしても、さらには新築の分譲住宅のモデルでも、
古民家を模したサスティナブルデザインの住宅を見かけることができます。
ようやく日本でもサスティナブルデザインの店舗を良く見かけるようにな ってきました。
そして日本も世界に負け ない、歴史と文化が生きている国のひとつです。
中でも木材については、古くから目にして親しみ、残されてきた古民家 もたくさんあります。
建築廃材として廃 棄するのではなく、
望めば新築やリフォームでも活用できるようになってきま した。
古材を使って、サスティナブルデザインに挑戦してみませんか。

(つづく)

※本文書は一般社団法人 住まい文化研究会「おうちの話」より引用

 

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。