Skip to content

離婚で起こる住宅ローントラブル

みなさん こんにちは

住宅ローン超節約術 ファイナンシャルプランナーの杉本です。

 

今回は住宅ローントラブルの話

それも離婚が原因になってるものです。

 

我が家は保育所に子どもを預けて共働きしていたのですが

こどものお友達の約半数が母子家庭だったこともあり

 

最近は離婚する家庭が増えているのかな~

なんて思ってた時期があったのですが

 

よく考えたら保育所は母子家庭優先で入所できるようになってましたので

まあ、当然のことでしたかね・・・(汗)

 

そうは言ってもマイホームを取得してから

離婚に至ることも多々あることだと思いますので

 

意外な落とし穴があることを今回は紹介しておきます。

 

どんな落とし穴かというと

マイホームを購入する時には妻が連帯保証人になっている時の落とし穴です。

 

夫婦の収入合算で住宅ローンを組んでいたり

夫が単独で住宅ローンを組んでいても妻が連帯保証人になっていることがあります。

 

夫婦そろって住宅ローンの返済を続けているのであれば何も問題にはならないのですが

離婚することでこの連帯保証人の問題がでてきます。

 

例えば妻は離婚することで家を出て実家に戻り

購入したマイホームには夫が住みながら住宅ローンを返済することになっていた場合

 

夫が何かの理由で住宅ローンの返済ができなくなったら

離婚した妻に住宅ローンの返済を請求されてしまいます。

 

連帯保証人は離婚しても連帯保証人のままだからです。

 

住宅ローンを組んでいる夫婦は離婚する時には

マイホームや残っている住宅ローンをどうするかをしっかり話し合わなければいけません。

 

ここを疎かにしてしまうと

後から大きな問題として爆弾が爆発する恐れがあります。

 

とはいえ・・・

連帯保証人は簡単にははずれません。

 

でも誰かが変わってくれるなら別・・・

妻に代わって連帯保証人になってくれる夫の身内が候補です。

金融機関を含めての話し合いが必要になります。

 

まあ、これから離婚する相手の身内まで巻き込むことになりますので

なかなか大変な話です。

 

それとは別に

実は簡単に連帯保証人をはずす方法が1つあります。

 

それは

連帯保証人を必要としていない金融機関で住宅ローンを借り替えてしまう

という方法です。

 

当然、借り換えになりますので住宅ローンの審査は必要になりますが

審査が通れば借り換えすることで妻は連帯保証人から解放されます。

 

離婚というのは大きな問題ですので

タイミングや夫婦の状況によって選択できる方法は決まってくるでしょう。

 

ほったらかしにすると後になってからトラブルになると大変ですから

住宅ローンがあるなら離婚時にはしっかり話し合うのが大事ですね。

 

 1021

ドーナツも秋バージョンになっております。

なかなか美味しいですよ♪