住宅ローンの借り換えで節約

住宅ローンの借り換えで節約

みなさん こんにちは

住宅ローン超節約術 ファイナンシャルプランナーの杉本です。

 

住宅ローンを節約するということを考えてみると

家を建てる時

戸建やマンションを購入する時

 

最初の段階で対策するのが

住宅ローンの節約を行うポイントなのですが

 

「もう住宅ローンを組んでしまってる場合は何かないの?」

 

と思われている人には

住宅ローンの借り換えというものを考えてみて欲しいと思います。

 

借り換えで節約という部分でメリットがでるようにするには

現在適用されている金利と

新たに借り換えを行った時に適用される金利に

 

一定の差がないといけません。

もちろん新たに借りる金利の方が低くなっている必要があります。

 

では一定の差でどれくらいの差なのかといいますと

借り換えにかかる手数料以上に

金利低下による節約効果が大きくなるくらいの差が必要です。

 

金利の差ももちろん大事ですが

住宅ローンの残りの返済年数が長ければ利息が大きく膨らみますので

返済年数が長く残っている方が効果が大きいということになります。

 

少し前に出版されている書籍には

・金利1%の差

・残りの期間10年以上

・借入額1000万円

 

といった目安が書かれていることが多いですが

最近では借り換えにかかる手数料がかなり安い金融機関もでてきていますので

 

上記の目安にこだわることなく

一度計算してみると良いですね。

 

また借り換えによる金額的な節約効果は大きくなくても

借り換え先の金融機関の方が繰上げ返済手数料が無料になっている等

 

別の部分にメリットがあるなら
借り換えを検討する意味はあります。

 

住宅ローンの節約には

借り換えという選択肢もありますよということを覚えておいてください。

 

全期間固定金利の人もですよ♪

 

それなりに面倒なこともあるので

そのあたりの話は次回にしましょう。

 

1117

この時期の京都は紅葉が美しいですね~

住まいにまつわるお金カテゴリの最新記事