金利が上昇することを想定した返済

金利が上昇することを想定した返済

みなさん こんにちは!!

住宅ローン超節約術 ファイナンシャルプランナーの杉本です。

 

住宅ローンの返し方について

今回は金利が上昇することを想定して返済しましょうというお話です。

 

金利が上昇と言われると

変動金利が上昇していくようなイメージを受ける人が多いかもしれませんが

 

変動金利と決め付けてはいけません。

 

10年固定型の住宅ローンの人は

10年後の住宅ローン金利がどうなっているのか考えたことはありますでしょうか?

 

また全期間固定金利のフラット35Sなどでも

当初10年、当初5年の優遇金利が終わったら

毎月の返済額がどうなるのか考えたことはありますでしょうか?

 

もちろん変動金利の人は

半年毎の適用金利の見直しと

5年ごとにやってくる返済額の見直しには注意して欲しいところです。

 

今の返済額だけを見ていると

金利が上昇した時に返済が厳しいと感じてしまいます。

 

返済額の上昇をある程度予測して

毎月の返済額を決めていくと

実際に金利が上昇した時も慌てることはありませんし

 

金利が上昇しなければ

その分家計に余力を持つことができます。

 

これから消費税の増税もあって

家計への影響もでてくることでしょうから

 

今一度、住宅ローンの返済方法を考えてみてはどうでしょうか?

いいタイミングだと思いますよ。

 

0114

1月9日~11日まで関西では盛大に開催されている

十日戎・・・えべっさん。
商売繁盛で笹もってこい♪♪♪

住まいにまつわるお金カテゴリの最新記事