Skip to content

“コト”を売る

コト売り=感性価値

モノ売り=機能価値

感性価値とは「生活者の感性に働きかけ、感動や共感を得る何か」

日本の経済成長期は、モノが、特にいいモノがまだまだ少なかったので、

それを持つことが喜びでありステータスでした。

その頂点がバブル時代ですね。

でも、これから家を持とうする若年層は
親が買ったモノに囲まれて育ったので、
モノを持つこと自体にはそれほど喜びを感じない。

これが、若年層があまりモノを買わなくなった一因です。

車もそうでしょう。こんな車に乗りたい!
燃費より、かっこ良さ!機能価値!

逆に、若年層は「なりたい自分」になれそうなものならば、
「自分の幸せにつながる」ものならば、価値を認め、お金を使う傾向があります。
つまり、モノではなくて「なりたい未来の私」を
買っていると言ってもいいと思います。

わたしにとっての「コト売り」とは、
弊社で家を建てたり、リフォームすれば
「なりたい自分」になれる、もしくは「幸せ」になれる!

一本の映画の様な物語を!

工事が終わっても、物語は終わりません!
まだまだ、物語は続きます。

私は、モノ売りではなく、コトをお客様に薦めていきます!
私のコトは「機能価値」は当たり前のモノですから!

ハッピーエンドの映画(家)を創っていきます!