Skip to content

大工さんの必需品

今でこそあまり必要ないかもしれません。

昨今、削る、彫る、切るなどにおいて必ずしもそうしなくてもよい家が増えたのも要因なのかもしれません。

しかし、かつて砥石といえば大工さんの必需品でした。

我らの時代(40年以上前)はこれ無くしては有り得ない、そんな時期でもありました。
 
というのも、家自体の造りが真壁造りで全てにおいて、化粧材であるため削り仕上げる必要があったのです。
 
手鉋、蚤など刃物は砥石で研いだもの。
それも、天然の砥石でないと切れ味は良くないものです。人造砥石もありますが、自然石に勝るものはありません。
 
001
 
002
 
天然石と人造石では刃物の切れ味は勿論、長切れが格段に違います。
 
とはいえ自然石が全て良いわけでもありません。
硬さ、吸い付き、それも刃物により使い分けがあるものです。
 
当時は、職人は道具に誇りを持ち自慢したもの。
それだけもの造りに対する情熱があったのです。
 
003