Skip to content

日本の伝統 畳を考えた

あなたの家には、和室がありますか?

近年、日本人の生活スタイルの変化に伴い、和室が一つもない家も増えてきました。

しかし、畳の部屋がなんとなく落ち着くという気持ちは皆持っているのではないでしょうか。

20141009

日本の住まいの特徴の一つは、靴を脱いだ生活にあり、床の清潔さではないでしょうか。

特に畳は直接人の肌に触れ、布団が敷かれるなど、清潔な生活を支えてくれました。

部屋の湿度の調整にも一役かっていてくれいます。断熱材としても優れています。

まさに、畳は座式の生活を支えた主役であり日本の住まいを象徴しているようです。

現代の住まいで、畳の部屋が少なくなってきているのは、洋風の生活スタイルへの

変化や、施工コストなどが理由でしょうか?

弊社には、少なくても一部屋は畳がある和室を設けたいというお客さんが多く来られます。

それは畳のある和室に、安らぎのみならず機能が備わっているからでしょう。

どんな目的にも使え、その場面に合わせて客間にも居間にも、寝室にもなる。

この融通性が畳の部屋の最大の特徴なのだと思います。

先人が伝えてくれた 日本の伝統です。

使わない手はないと思いますよ。

 

(社)静岡県古民家再生協会 代表理事ブログ
静岡の古民家伝道師のブログ より抜粋