中古住宅と新築・・・さらに古民家は?

中古住宅と新築・・・さらに古民家は?

中古住宅の市場拡大を国も推し進めていますが、中古住宅を選択された方の多くは、「住宅の立地条件がよかったから」と回答される方が6割前後にのぼるそうです。

 

家を建てるのではなく、家を買う場合は、「立地条件」が重要視されることがわかります。

その他、中古住宅を選択された方の理由を調べると・・・

第1位 予算的に手頃だった 79.9%

第2位 新築にこだわらなかった 42.3%

第3位 リフォームで快適に住める 38.4%

第4位 間取りや設備・広さが気に入った 29.2%

第5位 住みたい地域に適当な新築物件がなかった 22.2%

 

立地条件に続き、予算(価格の安さ)に惹かれています。

 23180main

しかし、一方新築の住宅を購入した人に中古住宅を選ばなかった理由を調べると・・・

 

第1位 新築にこだわった 74.8%

第2位 隠れた不具合が心配だった 38.5%

第3位 リフォーム費用などが割高になる 37.6%

第4位 耐震性や断熱性の品質が低そう 36.7%

第5位 給排水管などの設備の老朽化を懸念 35.8%

 

上位5位までをみると、住宅の性能や品質に不安を抱いている人が多いというのがわかります。

 

そして、流通する中古住宅の築年数でみると

 

築16年以内 52.1%

築17年から築26年 19%

築27年から築36年 15.5%

築37年から築46年 9.2%

築47年から築56年 1.1%

 

半数以上が築16年以内の物件になっていることがわかります。

 

これは、ローン減税と関係があります。

 

木造の場合、一定の耐震基準を満たしていても、築20年以内であることが減税を受けられる条件になっているからです。

 

さて、私たちが取り扱う古民家。

 

古民家の定義は築50年を経過する木造家屋です。

 

やはり、建物の良さでいうと伝統構法の古民家を主に取り扱わせて頂いています。

 

上記の築年数の表でみると1.1%という低さが分かります。

 

古民家はダメなのか?

 

実は古民家と中古住宅を比べたライフプランがあります。

 

例えば・・・

築50年以上の古民家、土地・建物費用 3000万+再築費1500万

築20年程度の中古住宅、土地・建物費用 2200万+リフォーム費用800万

 とします。

 64481d166505be0d327efdd27f3504ff1

最初だけをみると、築年数が若い中古住宅の方が、投資が安く済みます。

 

しかし、5年単位でライフプランを見ていくと、最終的に古民家の方が1360万円以上お得という数値が算出されました。

*一般社団法人住まい教育推進協会 試算

http://www.kominka.net/sumitai

 

さらに、古民家は長期間使用可能な資材を利用しているため、次世代に受け継ぐことも可能です 

古民家は地域の宝である!古民家をスマートに!

e0052909_17255334 

未来に受け継ぎましょう!日本の資産を!!

 

古民家のことは、「古民家住まいる」へ!

http://www.kominka.net/

☆メルマガにて配信中☆

本日の内容は、毎週金曜に配信しているメルマガでご紹介させて頂いた記事の一部になります。

登録は無料です。以下よりお申込み下さい。

⇒ http://www.1019college.com/mailmaga

Author Profile

河野公宏
河野公宏
KOMINKAを世界共通語に!

【古民家ネットワーク本部】
株式会社アステティックスジャパン 代表取締役社長
(旧:株式会社ヴィンテージアイモク)
【全国古民家再生協会連絡会議】
事務局:一般社団法人住まい教育推進協会 事務局次長

雑学カテゴリの最新記事