Skip to content

床の間と和食シンプルな思想

d59adf77f86822535c1104fe01f24cab_s

床の間の脇にしつらえられる付け書院は元々は手紙を書くための文机が形式化されたものであるが、地袋の上に付けられる障子は「明り障子」と呼ばれる。広縁に入り込む形で作られていることを考えれば、少しでも明るくするために日の光を求めた結果現在の形に落ち着いたのだろう。

夏の暑さを和らげるために軒の出が深い古民家は室内が薄暗い。先人は少しでも明るくするために外部の面に付けられる夏の建具である紙貼り障子は光を拡散し室内に導き入れるし、金箔貼りの屏風はリフレクターの役割で光を反射させる。本来は外壁下部の雨はねから汚れないようにするための犬走りも白い砂などを使い光を反射させていた。

これらの反射光は目に優しく真壁の柱や天井の竿の影を柔らかに作り出すからこそ、洗練された和室に深みを与えているのではないかと思う。

先日テレビで日本人は食中毒の危険性のある生ものをなぜ好んで食べるかという疑問を外国人が取材しているものを見た。四季のある日本では旬の食材を一番美味しく食べるためにできるだけ手を加えずに自然の味を繊細に求めた結果、生食が最高のご馳走とされたようである。古来日本では包丁人という今の料理長に当たる職務があり、包丁人は魚や鳥などを切るだけの仕事であったそうです。包丁人が切った食材を料理人たちが味付けし煮炊きをしたという。食材を切ることは包丁人だけに許されており彼らは食材の旨味を閉じ込めるようにするためにいかに切るかを日々考えていたのだろう。

欧米で建物の価値を高めるデザインといえば様々な彫刻などを加えていくことが多いが、日本では逆に不要なものをそぎ落とす引き算を用いることが多いとおもう。お寺はデコラティブな装飾が施されており、それはそれで美しいのだが、伊勢神宮のような白木をそのまま用いたあくまで自然でシンプルな神社は他の国には見られないものである。

建物も食事も極めれば自然に一番近い形に行き着くというのが日本人の感性ではないだろうか。

Author Profile

川上 幸生
川上 幸生
川上 幸生(かわかみ ゆきお)
1967年1月15日 大阪出身

二級建築士
愛媛県木造住宅耐震技術者
インテリアコーディネーター
照明コンサルタント
住宅断熱施工技術者
下水道責任技術者
古材鑑定士
古民家鑑定士
伝統資財施工士
住宅建築コーディネーター

大阪でお菓子会社にて商品開発やパッケージデザイン、
デパートのショーウィンドウや店舗の設計施工を経て
現在は愛媛に移住して今までの経験を活かし人に優し
い本物の家づくりを目指し「お客様に感動をあたえる
家づくり」を心情に住宅の設計やデザインをメインに
活動中。

主な活動
厚生労働認可財団法人職業技能振興会認定資格 
古民家鑑定士伝統資財施工技術士 教本執筆並びに講師

一般社団法人住まい教育推進協会 会長
株式会社アステティックスジャパン 事業統括本部長
愛媛インテリアコーディネーター協会 会長
四国中古住宅流通活性化協議会 理事
全国古民家再生協会連絡会議 事務局長
ケイズデザイン二級建築士事務所 代表