耐震診断

耐震診断

昭和56年(新耐震基準)以前の
住宅の「耐震診断」を進めなくてはなりません。
「耐震診断」は大きく分けて
「静的耐震診断」と「動的耐震診断」が有ります。

一般的に圧倒的に多いのは「静的耐震診断」です。
図面や現場で確認して診断します。

それに対して「動的耐震診断」は
実際に家を揺らしてその揺れから耐震化を提案します。
建物の壁などを壊す事無く
どんな住宅でも診断する事が可能です。

P1110531-copy-300x168

伝統構法には今の壁量計算に基づく「静的耐震診断」では
どんな建物でもアウトになりますし、
昭和56年以前の建物では筋交いの位置なども不明な為
壁量計算での「静的耐震診断」をおこなう為に
壁をはがしたりしての調査を行わないとなりません。

伝統構法での診断は「動的耐震診断」しかないです。
在来構法でも筋交いの位置などが解らなければ
「静的耐震診断」で精度も求める事も困難です。
「一般社団法人伝統構法耐震評価機構」
の進める【動的耐震診断】は
施工後も耐震診断をして確認することを義務づけています。

耐震工事は数多くの工法があります。
それぞれの特徴が有り、
「どれがいいとは・・・」言いきれません。

いずれの工法でも
「地震のときに絶対大丈夫」にはならないのです。
私は「土地との相性でよりベターな耐震工事」を
多くの中から選ぶことが必要で
その選択権は「ユーザーに有るべき」だと思います。

多くの建築屋さんが「工法がこれがいい」「構造はこれがいい」
と言いますが、
それらはいずれも改良されいい「モノ」がどんどん出てきます。
「モノ」とはそのようなもので、それは歴史が証明しています。

「家」永く使うものだから・・・安心したいから・・・
「医療」と同じくらい「多くの情報を得る」して頂きたいですね。
そして「慎重に選ぶ」必要があります。

Author Profile

井上 幸一
井上 幸一
2001年 持続可能な循環型建築社会の創造を目指し古材FC事業を立ち上げ全国展開を開始する。
古材の利活用から古民家を地域の宝と捉え古民家の利活用をおこなうための事業として古民家ネットワークを創設。
「古民家鑑定士」「伝統再築士」を始めとする資格を創設し全国各地で古民家を取り扱う人材育成に力を入れ、古民家鑑定士は全国に1万人を超す。

現在は、古民家の安心と安全を担保するために基準を創り、ソフト面とハード面を兼ね備え全国各地で講演活動を実施している。

また本年、「内閣官房歴史的資源を活用した観光のまちづくり専門家会議専門員」として全国各地の地方自治体のコンサルティング活動も行う。

古民家ツーリズム推進協議会事務局長として、全国で古民家ツーリズムの推進もおこなっている。

メンテナンスカテゴリの最新記事